株に向いている人の特徴とは?

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

気になる株に向いている人とは?

これから株式投資を始めようと考えている方で、自分が株式投資に向いている人なのかどうかイマイチ分からないという方もいるのではないでしょうか。

そもそも株式投資に向いている人、向いていない人なんてあるのかも分からない方もいるかもしれません。

そこで今回は、株式投資に向いている人、向いていない人のそれぞれの特徴を紹介します。この記事を読んでそれぞれの特徴を知ることで自分が株式投資に向いている人なのかどうか知ることが出来ます。

また、向いていない人でも株式投資で成功するための大切なことも併せて紹介しますので、これから株式投資を始める上での参考にしてみてください。

株式投資に向いている人の特徴

まず、株式投資に向いている人の特徴をいくつか紹介します。チェックしてみてください。

勉強熱心な人

向いている人の特徴として1つ目に挙げられるのが、勉強熱心な人です。

これは株式投資だけでなく様々な分野に言えることですが、勉強熱心で向上心がある人は株式投資においても向いている人と言えます。

株式投資は、経験はもちろんですが、ある程度の知識が必要とされる世界です。

勉強したからと言って勝てるようになるわけではありませんが、勉強で得た知識を元にトレードを繰り返し、そして失敗から学び、また勉強するというように勉強熱心であればより勝てるトレーダーになる可能性が高い為、勉強熱心な人や向上心がある人は株式投資に向いている人です。

真面目な人

向いている人の特徴として2つ目に挙げられるのが、真面目な人です。

真面目な人と言うのは、教えられたことや学んだことを素直に実行に移せる人が多いです。

株式投資に限った事ではありませんが、初心者が早く上達するためには、出来る人のアドバイスや方法を真似することが大切だと言われていますので、真面目に人のアドバイスを受け入れられる人が株式投資に向いている人と言えます。

自分をコントロールできる人

向いている人の特徴として3つ目に挙げられるのが、自分をコントロールできる人です。

やはり株式投資はお金を賭けて行うギャンブルに近い要素もあるため、どうしてもメンタルが不安定になりやすいです。

特に損失を出している時と言うのは、自分をコントロールできなくなってしまいます。

自分がコントロールできなくなってしまった時に株式投資というのは大きな損失や資産を全て失ってしまうのです。

そうならないためにも自分をある程度コントロールできる人は株式投資に向いている人と言えます。

自分で判断・決断が出来る人

向いている人の特徴として4つ目に挙げられれるのが、自分で判断や決断が出来る人です。

株式投資は多くの方が独学で投資をしています。そのため、自分でこれから上がりそうな銘柄や利益確定、損切りをしていかなければいけません。

そういった時に人の意見に流されやすい人と言うのは、例えばテレビでこれからは海外株が上がると言っていたとしたらそれにつられて海外株を購入しがちだったりします。

株式投資で他人の意見を参考にすることは大切ですが、他人の意見に流されては勝てるようになりませんので、判断力や決断力に長けている人は、向いている人と言えます。

以上が、株式投資に向いている人の特徴です。

このような特徴を持っている人は、もしかすると早い段階から大きな利益を手にすることが出来るかもしれませんので、向いている人の特徴に多く当てはまった人は株を始めてみるのもいいかもしれません。

逆に向いていない人とは?

株式投資に向いている人の特徴が分かっていただけたところで次は、株式投資に向いていない人の特徴を紹介します。

簡単に言ってしまえば、向いている人の逆の特徴を持つ人になるのですが、それぞれチェックしていきましょう。

短気な人

株式投資において短気な人と言うのは向いていないと言えるでしょう。というのも株価は何も右肩上がりに上がり続けるものではないからです。

当然ですが、株価が下がる時もあります。そんな時に我慢出来ずにすぐ売ってしまうと、また上がったときに買い戻しがちです。

この売り買いを頻繁に繰り返してしまうのが短気な人の株式投資における特徴と言えます。

株式投資は、待つという作業が大切になるため、短気な人は向いていないと言えるでしょう。

人任せにしがちな人

2つ目の向いていない人の特徴として挙げられるのが、人任せにしがちな人です。

これは先ほど向いている人の章で紹介した「判断や決断が自分で出来る人」と逆の特徴と言えます。

テレビで言っていたから、雑誌に書いてあったからなど人が言ったことや他人の行動に流されて株を売買している人はおそらく勝てるようにはなりません。

なので、普段から人任せにしている人は株式投資に向いていないと言えるでしょう。

勉強したくない人

勉強嫌いな人も株式投資には向いていないと言えます。やはり株式投資で大きな利益を出している人は、勉強熱心な人が多いです。

勉強熱心というのはただ単に知識を深めることだけではありません。

自分のトレードをきちんと振り返り、どうすればベストなタイミングで株を買うことが出来るようになるかなど、技術的、ロジック的な面の向上についても熱心です。

先ほども言いましたが、そういう人が向いている人です。なので、勉強が嫌いな方や向上心がない人は向いていないと言えます。

理性を失いやすい人

理性を失いやすい人も株式投資には向いていません。

先ほども向いている人の章で言いましたが、株式投資は自分自身をいかにコントロールできるかが勝敗を決めると言っても過言ではありません。

そのため、理性を保てない人はその時の感情に流された売買を行ってしまうため、成功することは難しいと言えます。

以上が、株式投資を行う上で向いていない人の特徴でした。

ただ、これらはあることに気をつけたり、対策をすれば向いている人と同じようになれますので、向いていない人の特徴に当てはまったからと言って株式投資を始めるのを辞める必要はありません。

次の章では、向いている人、向いていない人よりも大切なことについて紹介します。

向き不向きよりも大事なこと

今までの章では株式投資に向いている人、向いていない人の特徴をそれぞれ紹介しました。

しかし、これはあくまで向いている人、向いていない人と分けた場合の特徴であり、全ての特徴が当てはまる方も少ないのではないでしょうか。

例え向いている人の特徴が2つ当てはまったとしても、向いていない人の特徴にもあてはまるというような両方当てはまる方も多いはずです。

確かに向いている人の特徴が多いことは、ポテンシャルとしては高いかもしれませんが、向いている人、向いていない人よりも大切なことはありますので、それに関してもチェックしましょう。

しっかり調べる

勉強が嫌いな人であってもこれから買おうと考えている株に関してはしっかりと調査をしましょう。

何も市場すべてを知る必要はありません。自分が関係ありそうな部分だけをしっかりと調査さえしていれば勝てるようになりますので、自分が関心持てる部分を絞って調査や勉強をするようにしましょう。

自分をコントロールできるようにルールを作る

先ほど、向いている人の特徴、向いていない人の特徴でも説明しましたが、株式投資は自分との戦いでもあります。

大切なお金が掛っているため、余計に自分自身をコントロールするのが難しいです。特に損失が出ているときはコントロールするのは至難の業と言えるでしょう。

そんな時に役に立つのが、自分なりの売買ルールです。例えば賭け金の何%の損失が出たら損切りをする等、特に損切りに関するルールをあらかじめ決めておくことは大切です。

そしてそのルールを徹底する訓練をしてください。そうすることで自分をコントロールできるようになります。

資金管理を徹底する

3つ目は資金管理です。この資金管理は株式投資において非常に大切な要素と言えます。

例え向いている人の特徴に全て当てはまっていたとしてもこの資金管理が出来ていないと大切な資産を全て失ってしまいます。

そうならないためにも資金管理を徹底するようにしましょう。一度の売買に総資産の何%までというようにルールとともに資金管理も徹底するようにしましょう。

以上が、向いている人、向いて言いない人に関係なく株式投資で勝つために必要な要素でした。

逆に言えば、向いていない人の特徴を持っている人でもこの3つのことさえ徹底していれば利益を積み上げることが出来るようになります。

向いていない人の特徴に多く当てはまってしまった人はこれらのことを気を付けながら株式投資を行ってみてください。

プロに助言を貰うという選択肢

今回は、株式投資に向いている人、向いていない人の特徴にスポットを当てて紹介しました。

向いている人の特徴を持っている人は、そのままの自分を保ちながら株式投資に挑戦してみましょう。

逆に向いていない人の特徴に多く当てはまった人も落ち込むことなく今回紹介した、向いている人、向いていない人関係なく大切な要素に気を付けながら株式投資を行うようにしてください。

しかし、向いていない人に当てはまった以上、自分だけで株式投資をするのは不安だという方もいるかと思います。

そのようなときに役立つのが、投資顧問」と言う存在です。株式投資の専門家に頼ることで、安心かつ安全に資産運用することが出来ますので、参考にしてみてください。

今すぐ投資顧問について知る

株式投資歴7年の管理人が推奨!管理人イチオシの投資顧問を一挙大公開 新生ジャパン投資 株エヴァンジェリスト アレス投資顧問 常勝株ジャーナル 東京総合研究所(オプション)

関連記事



投資顧問ランキング

おすすめの人気記事ベスト3 管理人が利用している投資顧問 投資顧問ランキング 投資顧問と投資信託の違い