運用助言会社の基本的な役割と契約形態

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

投資顧問って一体何者なの?

最近密かに個人投資家からの人気を集めている投資顧問。

彼等は一体どんなサービスを提供しており、彼等と契約を結ぶことにどんなメリットがあるのかはなんとなくわかりにくいですよね。

そんな謎に包まれたシンプルに投資顧問の役割を表現しますと、「投資の世界におけるコーチ」という一語にいきつきます

ただ「投資のコーチ」と言われても投資顧問がどんなことを教えているのかはいまひとつ想像が出来ないかもしれません。そこでこのページでは投資の世界のコーチと呼ばれる投資顧問業者の役割や提供サービスについてまとめてみました。

内容をご一読されますと、投資顧問とは何者であり、彼等を利用するとどんなメリットがあるのか、おすすめの投資顧問はどの会社なのかが分かります。特に最後に取り上げるおすすめの投資顧問会社の特選項目は必見です。

おすすめの投資顧問会社名はこちら

そもそも投資顧問業とは?

そもそも投資顧問とは?

先ほど「投資の世界のコーチ」と称した投資顧問を利用するには、投資顧問契約を結ぶ必要があります。

「投資顧問契約」、また難しそうな名前が出てきましたよね。端的にこの契約を説明すると株をはじめとした有価証券を利用した投資に対する助言を行う代わりに顧客から対価をもらう契約です。

こういった内容の契約を提供し、契約者の投資行為をサポートすることから投資顧問会社は「投資の世界のコーチ」という位置づけになるのです。

なんとなく投資顧問がどんな存在であるのかがわかったのではないでしょうか?

契約の違いで2種類に大別される

契約は2種類に分かれる
ちなみに先ほど名前を取り上げた投資顧問契約にはいくつか種類があります。特に押さえておきたいのがこちらの2種類の投資顧問契約の違いです。

  1. 投資助言契約
  2. 投資一任契約

まず前者の「投資助言契約」というのは助言という言葉の通り、契約者に対して投資の助言(アドバイス)をする契約です。

このタイプの投資顧問契約を提供する投資顧問会社のことは、一般的には投資助言会社と呼びます。

その一方で投資一任契約を提供する投資顧問会社は、投資のアドバイスに加えて金融商品の運用自体のサポートも可能になります。

このタイプの投資顧問は、先ほど紹介した投資助言会社と区別する意味でも一般的には投資運用業者(ファンド)と呼ばれております。

ここまで簡単にご説明しました「投資助言会社」と「投資運用業者」の詳細な内容についてはこれから1つずつ見ていきます。

投資助言業者の役割とは?

助言業者の役割とは?

まず最初に紹介するのは助言専業という形態をとっている投資助言業者です。

先ほどのおさらいになりますが、投資助言業者の提供可能な業務は投資のアドバイスだけです。つまり、運用代行は不可能。

このような特徴を持つ投資助言業者が提供する主なサービスはこちらの通りです。

  • 値上がりが見込まれる銘柄の紹介
  • ポートフォリオ設計
  • 契約者の保有商品の分析
  • 売却タイミングなどの示唆

どれも投資の根幹を担う項目になりますが、投資助言業者はアドバイス以上の行為は認められていない以上、助言内容を実行するか否かの判断や実際の投資行動自体は、契約者本人が担当することになります。

この投資判断や投資活動の代行が出来ない点が、もう一つの投資顧問会社の運用形態である投資運用業者(ファンド)との決定的な違いになります。

このファンドの詳細についてはこれからご紹介します。

投資運用業(ファンド)とは?

投資運用業とは?

この「投資運用業」というのは、投資の助言に加えて投資判断や売買発注の権限の一部を契約者から移譲される投資顧問会社です。

まず前者の投資判断というのは、アドバイスに基づいて投資をするかしないかの意思決定を指します。

そして後者の発注権限というのは、投資商品を買うか売るかを決めた後にその行為を代行する権利のことを指します。

こういった投資助言業者が持たない権利を保有する以上、「投資運用業者(ファンド)は投資助言業者とは別物である」と考えるのが無難です。

助言業者と運用業者の違いの総括

投信型と助言 業者型どちらが良い?

ここまで取り上げてきた投資助言業者と投資運用業者という2種類の投資顧問会社の特徴の違いを一覧にしてみました。

2種類の投資顧問の違い

助言業者 アドバイスのみ担当
意思決定は契約者
責任は一切背負わない
投資運用業
(ファンド)
アドバイスもする
投資判断も代行する
ファンド運用も可
発注の代行も可能
過失時の責任を担う

ここで取り上げたように助言業者という形態をとる投資顧問業者と投資運用業の形態を取る投資顧問業者では担当業務が大きく異なります。

ちなみに投資判断や売買行為の代行を行う投資運用業の中には、投資家のお金の運用代行を行うファンドも含まれます

つまり、投資運用業型の投資顧問というのは、あなたの投資のアドバイスをするパートナーというよりも運用の代行業者の位置づけになります。

2種類の会社を選ぶ際の選択軸

実態が大きく異なる投資運用型の投資顧問と投資助言型の投資顧問のどちらと契約すればよいかはあなたが投資顧問に何を求めるかで決まります。

例えば運用自体を任せたいのでしたら、運用代行を担当してくれる投資運用型の投資顧問が最適です。

その一方で投資顧問に求める役割は情報提供であり、投資判断や投資商品の売買はご自身で行いたいのでしたら助言業者を選ぶのが無難。

要するにどっちを選べばよいか迷った場合は、自分で運用したいかどうかで絞り込むのが一番外さないアプローチとなります。

ここまでの総括と人気業者特集

ここまでの総括
おそらくこれまでの内容で投資顧問業者がどんな会社なのかについてはなんとなくわかったのではないでしょうか?

ちなみに仮によくわからない項目があっても大丈夫です。なぜならこれからこのページの総括としてこれまでの内容の中で特に重要な項目を一覧化して改めてご紹介するからです。

なお、既に投資顧問業者の特徴はばっちりで、おすすめの投資顧問会社の名前が気になるのでしたらこれからの内容を読み飛ばしてこちらのリンク先ページをどうぞ。

おすすめの投資顧問会社名はこちら

少し話が逸れたので、本題に戻ります。それではまずは今回の内容の中で最も押さえておきたい4つの項目についてまとめてみましたので、一緒に振り返ってみましょう。

必ず押さえたい4項目

  • 投資顧問会社は2種類のタイプがある
  • 1つ目は契約者に投資助言を行う会社
  • 2つ目は契約者の運用代行をする会社
  • 8割の投資顧問は、助言業者である

この中で特に押さえておきたいのは、「投資顧問の8割は、投資のアドバイスを行う投資助言業者である点です。

その結果として「投資顧問業とは何者か?」という疑問に答えるとなると冒頭で紹介した「投資のコーチ」となります。

鍵は優秀なコーチを探すこと

スポーツでも勉強でも優秀なコーチと優秀ではないコーチがいますよね。

そこで投資の世界のコーチに該当する投資顧問を選ぶのでしたら優秀な会社を選ぶことに越したことがありません。

そこでここでは、優秀な投資顧問に当てはまる5つの条件を一覧にしてみました。

  1. 金融庁からの営業許可を受けている
  2. 利用者の満足度が高い
  3. 銘柄の的中率が高い
  4. 価格が良心的である
  5. 無料メルマガの質が高い

この5つの条件を満たしている投資顧問は質の高い投資顧問になります。特に重要なのは、一番最初に取り上げた、「金融庁からの営業許可」です。

なぜなら投資顧問業者が営業するには金融庁からの営業許可が必須であり、これがない会社は違法業者になるからです。

この点を念頭に入れると、投資顧問の利用を考えているのでしたら必ず金融庁から営業許可を受けている投資顧問会社を選ぶことをおすすめします。

おすすめの助言会社3選

おすすめの助言会社3選

最後に金融庁からの営業許可を受けている投資顧問会社の中で管理人のおすすめの3社の名前をまとめてみました。

  1. 新生ジャパン投資
  2. 新興市場ドットコム
  3. トリプルーエーインベストメント

なお、ここで取り上げた3社の中で管理人のいちおしは新生ジャパン投資です。

実はこの新生ジャパン投資は管理人自身もサービスを利用した経験がありますし、日本国内の投資顧問会社の中でトップクラスに評判が良い投資顧問の1つです。

そして肝心の投資情報に関しては株式投資歴が20年余りの株のプロがおすすめの銘柄から投資アドバイスまで担当してくれるので、サービス基準の高さに定評があります。

ここで特徴のさわりをご紹介しました、新生ジャパン投資の詳しい詳細についてはこちらのページでまとめているので、ぜひ目を通してみてくださいね。

この投資顧問についてもっと知る



おすすめランキングランキング1位株エヴァンジェリスト常勝株ジャーナルおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング