国内の投資助言業者の相場金額

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

投資顧問料金の目安価格と予算別おすすめ会社ランキング

「投資顧問を利用するといくらかかるの?」

この質問に対する明確な答えは誰もできません。

なぜなら日本国内には100を超える投資顧問があり、各社の有料プランの料金には大きな差があるので、どの会社を使うかで求められるコストが変わるからです。

とはいえ、相場の料金プランが分からないと目を付けた投資顧問の料金は安いのか、高いのか分からないと思います。

これでは仮に気に入った投資顧問を見つけたとしても料金がネックになり、契約するべきか否か迷ってしまうことが考えられます。

そこでこのページでは投資顧問料の相場はいくらであり、どの程度の価格帯の会社を選ぶのがよいのかについて考えていこうと思います。

最後まで目を通しますと投資顧問の相場料金はどの程度であり、あなたの予算にぴったりな投資顧問の選び方やおすすめの会社の名前が分かります

投資顧問の相場料金は月額7万円

投資顧問の相場料金は月額7万円

まずはじめに投資顧問の相場月額料金についてご紹介しますと、こちらはこの見出しにあるように大体7万円となっております。

この7万円という相場料金を聞いてどう思いますか?

おそらく「え、7万円?安いね」とはならないと思います。むしろ「7万円もするのか・・・・、ちょっと高いな」なんて感じるのではないでしょうか?

ちなみにこの7万円というのは格安の投資顧問と月額料金が15万円を超える高額な投資顧問の顧問料の平均値です。

なので、月額の顧問料が7万円以下の会社が割安とは言えませんし、逆に毎月の顧問料が7万円を超える会社が割高ともいえません。

つまり7万円という1つの目安数値は知っておいて損はありませんが、7万円を過剰に意識することはあまりおすすめしません。

ちなみに実際に利用する投資顧問を考える際に7万円という額面料金以外に念頭に入れておきたいポイントについてはこれからご紹介しようと思います。

契約前に念頭に入れたい3大原則

契約前に念頭に入れたい3大原則

実際に投資顧問会社と有料プランを結ぶ際に相場料金と同様に念頭に入れておきたいポイントが3つあります

その3つのポイントにはどんなものがあるのかというと、こちらの通りです。

  • 価格とサービスの質は無関係
  • ペイできるかが全て
  • 最後は予算で選ぶ

それぞれの内容についてこれから1つずつご紹介します。

価格とサービスの質は無関係

価格とサービスの質は無関係

ホテルでも飲食店でも料金の額とサービスの質にはある程度の関係がありますが、投資顧問選びにおいてはこの関係はあまり当てはまりません。

現に月額料金が30万円の投資顧問であってもしばしば外れる銘柄を紹介しますし、月額料金が1万円以下の会社でも情報が良く当たる会社もあります

この点を考えると「月額料金が高い投資顧問はしっかりしていて、逆に料金が安い投資顧問はダメ」という方程式は投資顧問選びにおいては基本的には役に立ちません。

この投資顧問会社のサービスの質は原則として投資顧問サービスの料金とは無関係であるという点は必ず押さえておくことをおすすめします。

ペイできるかが全て

ペイできるかが全て

先ほど額面の月額料金はサービスの質の当てにならないと言いましたが、それでは何を確認すればよいのでしょか?

この確認ポイントというのはつまるところ、投資顧問に支払った料金を最終的に回収できるかどうか

極端な話になりますが、年間で100万円の料金を投資顧問に支払ったとしてもアドバイスを聞いて1000万円の利益が株式投資で発生すれば十分に元が取れます。

このケースでは一見すると高額である年間100万円という投資顧問料金は実は割安という話になります。

もちろんこの話は逆のケースにも当てはまります。

仮に投資顧問に支払う月額金額が2万円程度であっても大して利益が出ない場合、その2万円という金額の回収はできません。

支払った料金を回収できない以上、他社の顧問料と比較すると割安な水準である月額2万円という顧問金額も割高な水準になってしまいます。

つまり投資顧問を選ぶ際は額面の料金よりもその料金を回収できるかどうかに着目するのがポイントになります。

仮に回収できるのでしたら割高な料金形態でも支払う価値がありますし、回収が難しいのでしたら割安であっても契約を控えることをおすすめします。

最後は予算で選ぶ

最後は予算で選ぶ

結局ペイできるかが全てとはいえ、あなたの予算をはるかに上回る金額を顧問料に定めている投資顧問と契約をするのは得策とは言えません。

予算オーバーの会社と契約をしてしまうと肝心の株式投資に回る資金が無くなり、アドバイスをもらってもそれを活かせないなんてケースも考えられますし。

そこで管理人がおすすめしたいのは、「ペイができる投資顧問の中で予算に合う会社」を選ぶことです。

これを心がければ少々月額料金が高額な会社を利用したとしても予算の範囲内に収まる上に支払った顧問料の回収が見込めます。

これを実現するためにもまずはあなたが投資顧問に支払える最大の月額金額を明らかにすることをおすすめします。

それを行った上でその予算に合う投資顧問の中で質の高いアドバイスをくれる会社を見つければよいのです。

月額予算別おすすめ業者紹介

月額予算別おすすめ業者紹介

先ほど投資顧問会社を選ぶ際にはあなたの予算を明らかにしてその範囲内で選ぶのが王道だとお話ししたと思います。

このアプローチが王道とはいえ、ゼロから投資顧問会社の月額料金を調べてあなたの予算にあった料金の投資顧問をリスト化するのは大変だと思います。

そこで当サイトの管理人は国内の投資顧問の中でイチオシの会社の名前をこちらの4種類の料金区分に分け上でランキング形式でご紹介しようと思います。

  • 月額1万円以下
  • 月額1万円~3万円
  • 月額3万円~10万円
  • 月額10万円以上

それではまずはじめに月額の料金が1万円以下の投資顧問から見ていきましょう。

月額1万円以下

月額費用が1万円以下の投資顧問は一般的には格安の投資顧問に該当し、最近この格安料金の投資顧問は国内で増えております。

そんな国内で徐々に増えている格安料金がうりの投資顧問の中でおすすめの会社を一覧にしてみました

業者名 料金
新興市場ドットコム 3千円以下
プレミアムストッククラブ 2~6千円
東京総合研究所 3千円

ここで一覧にした3社の中で管理人のイチオシはランキング1位の新興市場ドットコム。

こちらの投資顧問は月額の料金プランは1,500円~3,000円となっており、まさに破格の料金形態と言えます。

しかもただ料金が安いだけでなく、大きな値上がりが見込めるイチオシの新興市場銘柄や株の売買に役立つ様々な情報が配信されるので費用対効果が抜群。

月額料金が1万円以下の投資顧問をお探しでしたらこの新興市場ドットコムは最高の候補の1つになります。

月額1万円~3万円

月額1万円~3万円

次にご紹介するのは月額の顧問料金が1万円~3万円の水準にある投資顧問です。

この比較的安価な価格帯に月額料金が設定されている投資顧問のうちおすすめの3社の名前をランキング形式で顧問料と共に一覧にしてみました

業者名 料金
株ドカン 29,800円
アイリンクインベストメント 2~3万円
アルプスインベストメント 12,000円

ここでランキング化した3社の中で管理人のイチオシは株ドカン。どうしてこの株ドカンをおすすめするかというと株ドカンにはこちらの5つの魅力があるからです。

  1. アドバイザーが株式相場のプロ
  2. 有料プランに無料期間がある
  3. 1年で資金を3倍に増やすことも可能
  4. サポートの利用回数が無制限
  5. 翌月からの契約解除が可能

ちなみにここで一覧にした5つの中で特に注目に値するのは一番最初の「アドバイザーが株式投資のプロ」である点です。

実は株ドカンの銘柄分析担当者は外資系の金融機関での勤務経験が豊富であり、20年以上株式市場を分析してるので銘柄の発掘力は折り紙付き。

実際に株ドカンのチーフアナリストが見つけた銘柄を彼の指示通りのタイミングで売買すれば例え投資未経験者であろうと1年で投資資金を3倍程度にまで増やすことが可能です。

この会社の特集ページはこちら

月額3万円~10万円

次にご紹介するのは月額の顧問料金を3万円~10万円に定まている投資顧問会社です。

この3万円~10万円という金額に顧問料を定める投資顧問は数多くあります。その中でサービスの質、そして費用対効果という2つのポイントに絞るとこの3社がおすすめの投資顧問になります。

業者名 料金
TBM 10万円
カブトレックス投資顧問 10万円
CMGトレード塾 4.9万円

ここで取り上げた3社の投資顧問は料金が比較的高額になる以上、どれも質の高いサービスを提供しております。

中でもランキング第1位のTBM(トレイダーズブレインマーケット)は社内にNTAAという機関に実力が認められたアナリストが複数人在籍しております。

このNTAA認定アナリストというのはテクニカル分析に秀でているアナリストであることの公的な証明になり、この資格を持つアナリストは国内では数少ないです。

そんな国内では貴重なNTAA認定アナリストが複数在職していることからもTBM(トレイダーズブレインマーケット)の質の高さが分かるのではないでしょうか?

優秀なアナリストが複数在職していることで有名なTBM(トレイダーズブレインマーケット)の詳細についてはこちらのページでまとめているので、よろしければどうぞ。

この会社の詳細はこちら

月額10万円以上

最後にご紹介するのは月額の顧問料金を10万円以上に定めている投資顧問の中でおすすめの会社です。

実はこの月額の料金が10万円を超える投資顧問というのは超高級な投資顧問会社に分類されます。

せっかく超高級な投資顧問を利用するのなら金額の安さよりもサービスの質の高さに注目をしておきたいところ。

そこでここでは良質なサービスを提供する超高級な投資顧問会社の名前を顧問料金に囚われずにまとめてみました。

投資顧問会社名 料金
ベストプランナー 12万~40万
新生ジャパン投資 11.5万~15万
株エヴァンジェリスト 20万

ここで取り上げた3社は料金もさることながら、サービスの質も非常に高いです。

特にランキング第1位のベストプランナーという投資顧問は、利用プラン次第では月額料金が40万円になることもありますが、その高額料金に値するサービス内容となっております。

現にベストプランナーと1年契約をすれば株式投資に回した資金が1ヵ月で3倍、1年で20倍にまで増やすチャンスがあります

月額料金においてもアドバイスの質においても国内トップクラスの投資顧問なので、高額な月額料金を支払うことに問題がないのでしたら利用を検討したいですね。

ここでご紹介したベストプランナーという投資顧問の有料プランの種類や各プランの利用料金の詳細はこちらのページで特集しております。

この会社のサービスの詳細はこちら



おすすめランキングランキング1位株エヴァンジェリスト常勝株ジャーナルおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング