人工知能を利用した株の売買の特徴

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

AIって株式投資の役に立つの?

人口知能を利用した株式投資の魅力

最近AI(人口知能)を利用する動きが進んでおり、その流れは株式投資にも来ております。

しかし、ここで気になるのは「AIを利用した株式投資は本当に勝てるのか?」という点。

正直な話、これが分からないと一見すると便利そうなAIですが、本当に株式投資で活用してよいのかの判断はしにくいですよね。

そこでこのページではAIを利用した株式投資の特徴や良し悪し、そして優れたAIツールを提供している金融機関名等についてまとめてみました。最後まで目を通せば株式投資でAIを利用するべきであるかどうかが分かります。

人工知能を使った株式投資とは?

今回のトピックである「AIを利用した株式投資」の良し悪しを正確に判断するには、「AIを利用した株式投資」がどんなものかを正確に把握する事が欠かせません。そこでまずはじめにAIを活用した株式投資では何ができるのかについてまとめてみました。

  • 統計データを利用したチャート分析
  • 類似ケースから相場の動きの診断
  • あなたの希望を満たす銘柄の洗い出し
  • 株式の将来価値の診断
  • 膨大なデータからの適正価格の分析
  • 銘柄の売買自体を機械に全面委託

ここで一覧にしましたように現在のAI技術を利用すれば、あなたの希望に沿う銘柄の洗い出しからチャート分析、そして将来価値の予測までできてしまうのです。これは便利ですよね。

ここまでの内容で現在のAI技術でできる事はなんとなくご理解頂いたかと思いますので、次にこのAI技術を株式投資で利用する事に対するメリットとデメリットについて考えてみます。

AIを活用する良し悪しとは?

AIを活用する良し悪しとは?

実はAI技術は株式投資で利用するのはもろ刃の剣になります。なぜ「AI技術は諸刃の剣」と評したかというと、AI技術を株式投資で利用する事にはメリットだけではなく、デメリットもあるからです。

このことをご理解頂くために株式投資でAI技術を利用するメリットとデメリットをそれぞれ一覧にしてみました。

メリット

  1. 株式投資経験が不要
  2. 時間をかけずに済む
  3. 分析の質が高い
  4. 6割程度の勝率が見込める
  5. 投資センスが原則不要

デメリット

  1. 不測の事態に弱い
  2. 今のAI技術は実は不十分
  3. 大成功は厳しい
  4. 設定ミスが許されない
  5. 使いこなすのが難しい

ここで一覧にした株式投資でAIを利用するメリットとデメリットの詳細については「メリット」→「デメリット」という順番で簡単に補足します。まずは株式投資でAIを活用するメリットからです。

メリットは効率性の向上

この見出しにある様に株式投資でAIを活用するメリットは効率性の向上です。

実はAIを効果的に活用すれば銘柄選びにチャート分析、そして将来株価の予測等を機械に任せることができます。つまり、あなたが株式投資でやるべきことはほぼなくなるのです。

これは多忙な主婦やビジネスマンにとっては都合が良いですよね。

しかもただ手間が減るだけではなく、人工知能(AI)は過去から現在まで蓄積された統計データを元に今後の相場の値動きや株式の適正価格を出すので、素人の予測よりもはるかに優れています。

このように素人の予想よりもはるかに正確な分析をもとに株式投資に取り組めるのはAIの大きなメリットと言えます。ちなみに気になる分析結果の的中率に関しては管理人の経験上、おおよそ7割です。

「10回の分析のうち、7割が当たる」と考えると的中率はなかなかですよね。

デメリットは技術の不完全性

先程AIを利用すれば自分の時間をかけずに精度の高い分析ができると言いましたが、実は現在のAI技術な穴がいくつもあります。

特に注意したいAI技術の穴は、「想定外に弱いこと」です。実は株式投資で活用されるAI技術の予測の土台となっているのは、過去の統計データです。

つまり、過去のデータから最適解を出すのは得意である反面、過去のデータから導き出すことが不可能な想定外の分析に関してはAIは苦手としております。

それにAI技術を使いこなす為にはある程度の知識も必要です。特にAIの仕組みやAIでできる事やできない事を把握せずに株式投資でAIを利用するとツールに使われる恐れがあります。

こういった点を考えると株式投資でAIを利用する際には、「AI技術の妄信」を避け、「上手にAIを使い倒す」という姿勢が求められます

銘柄の売買で人工知能を使う手順

銘柄の売買で人工知能を使う手順

ここまでAIを利用した株式投資の特徴や良し悪しについてご紹介しましたが、株式投資でAIを活用する手順については触れてきませんでした。

そこでここではこれまでの内容を念頭に入れた上で株式投資でAIを活用する方法について見ていきます。

まずはツールを確保する

株式投資でAI技術を利用する際にまずやるべきことは、AI分析用のツールを確保する事です。

このAI分析用のツールの確保の仕方は一般的には2通りに分かれます。具体的には、自分で作るか、AIツールの提供会社のツールを利用するのかに分かれます。

どちらを選ぶべきかは個々人次第ですが、自作でAIツールを作るには一定のプログラミング能力が必要になるので、これまでプログラミングと無縁の人生を送ってこられたのでしたら、他社の提供ツールを利用するのが無難。

ツール選びのコツ

ツール選びのコツ

先程株式投資でAIを使うのなら「自作ではなく、他社の提供ツールを採用するべき」と言いましたが、どの会社のツールを利用するのかについても非常に重要になります。

このツール提供業者選びにおいて重要になるのが、こちらの3点です。

  1. あなたの希望を満たしている
  2. きちんとした実績がある
  3. サポートを提供している

この3点の詳細については1つずつ簡単に補足します。

あなたの希望を満たしている

まず1つ目の「あなたの希望を満たしている」というのは、あなたのニーズを満たしているツールを提供しているか否かを指します。

例えば「株式の適正価格」の診断をしてくれる高性能のAIツールがあっても、あなたがAIツールに望む役割が「チャート分析」の場合は、そのツールは役に立ちませんよね。

このように、AIツールの提供業者を選ぶ際はAIツールの性能と同様にあなたの希望を満たすツールを提供しているかどうかのチェックが欠かせません。

きちんとした実績がある

利用するAIツールを選択する際の2つ目のポイントはきちんとした実績の有無。

実はインターネット上を少し漁れば色々な会社または個人が開発したAIツールが見つかります。しかし、多数のツールが見つかるとはいえ、本当の意味で株式投資の役に立つAIツールはほんの一握り。

それにむしろ、大多数のフリーのAIツールは株式投資の勝率を上げるばかりか、下げるとも言われております。

この事実を考えると、株式投資で利用するAIツールを選ぶ際には一定数の利用者に利用されており、それなりの実績があるツールを選ぶことが欠かせません。

サポートを提供している

「ツールの使途」と「実績」と並んでAIツールを選ぶ際に欠かせないのがサポートの提供の有無。

実はAIツールは万能ではない以上、ツールを利用している中でバグが発生する事もあります。このバグ発生時に相談できる相手がいないと、せっかくツールを手に入れても十分な活用は見込めません。

それにバグではなくてもツールを使用する中で、使い方が分からなくなることもあるはずです。こんな時に相談ができる相手がいなければ、困りますよね。

こういった点を考えるとメールや電話経由でのサポート窓口を用意している会社のツールを利用するのが無難です。

おすすめはAIマネー

「おすすめのAIツール」に関してはあなたが何をAIツールに望むか次第なところがあるのですが、あえて1つ管理人のおすすめのツールを1つ取り上げるとすると「AIマネー」です。

この「AIマネー」というのは株式投資の銘柄探しから株式投資のリスクマネジメントを担当してくれるAIツールです。このツールを利用し、ツールの指示通りに株式投資に取り組めば毎月100万円程度の利益が期待できます

しかもお値段は格安で1,000円であり、サポートサービスもあります。無料ツールではありませんが、性能の面でも期待利益の大きさの面でも注目に値するAIツールなので最近利用者が増えております。

実はAIを使った株式投資はイマイチ

実はAIを使った株式投資はイマイチ

ここまで人工知能を利用した株式投資の特徴やおすすめのAIツールについて特集してきましたが、管理人自身は株式投資で人口知能を利用しておりません。

それではどうして人工知能を株式投資で利用していないかと言うと、まだまだ既存のツールは機能が不完全だからです。

それに管理人自身、ITにあまり詳しくないので、最新のAI技術には疎いので、AIを利用してもツールに踊らされる考えたのも理由の1つ。

管理人の話はさておき、AIはあくまでツールである以上、株式投資で利用するのでしたら「上手に使いこなす」必要があります。

そこでこのページもそろそろ終わるので、このページのまとめの意味合いも込めて株式投資においてAIと上手に関わるコツをご紹介します。

ツールの妄信をしない

人工知能を株式投資で使いこなす1つ目のコツは、「AIツールの妄信」をしないことです。

もっと端的に言えば、我々のような普通の個人投資家の手に届くような「普通のAIツール」には最先端の技術が含まれているわけではないので、「穴」がたくさんあると考えるのです。

この点を考慮するとツールで出された最適解は参考程度にするのが株式投資におけるAIとの正しい関わり方と言えます。

また仮に人口知能の最適解を信じるのであっても毎日自分で株式投資の画面を見て進捗の保有銘柄の推移のチェックをしたり、万が一のリスクヘッジ施策を用意するのも欠かせません。要するにツールに使われるのはダメなのです。

このように株式投資でAIと関わるポイントというのは、人工知能が出したデータに依存し過ぎないように心がけるのがポイントになります。

人工知能の勉強をする

人工知能の勉強をする

先程株式投資でAIを使う際は、「人口知能に使われるのではなく、人工知能を利用する」というスタンスが重要だとお話ししました。

このスタンスを維持するためにも最新のAI技術については継続的に勉強する事が欠かせません

なぜなら、最新の技術を適宜勉強しなければ「現在のAIでできる事」、「現在のAIの課題」についていけないからです。

勉強と聞くと一見すると面倒なように感じるかもしれませんが、これらが分からないととてもではありませんが株式投資で人工知能を使いこなすことは不可能。

この点を考慮すると株式投資でAIを活用する気があるのでしたら、最新のAI技術については適宜勉強して押さえていく姿勢が欠かせません。

優れた有料ツールを買う

株式投資でAIを利用する際の3つ目のポイントは、ある程度のお金を払ってでも優れたツールを買う事です。

どうして「優れたツールの購入」が欠かせないかと言うと、AIを頼った株式投資の場合、AIの性能次第で株式投資の結果が決まるのです。

つまり、3流の性能のAIツールで株式投資に取り組めば、当然ながら株式投資でポジティブな結果は期待できないのです。

この点を考慮すると株式投資でAIを利用するのでしたら、性能の高いAIツールの導入は必須と言えます。

株で勝ちたいなら投資顧問が一番

株で勝ちたいなら投資顧問が一番

ここまでの内容に目を通す中でAIを利用した株式投資に興味をもちましたら、良質なAIツールを確保した上で株式投資に取り組むのが良いでしょう。

しかし、管理人個人としては本気で株式投資で結果を出したいのでしたら人口知能よりも投資顧問の利用を推奨したいです。この投資顧問が何者か気になりましたらこちらをどうぞ。

この顧問の詳細情報はこちら

ちなみに株式投資で投資顧問を利用すればこういった効果が期待できます。

  • 年利60%以上の成果
  • 株式投資の手間を90%削減
  • 保有銘柄の売り逃しの防止
  • 独断専行による投資ミスの激減

ここで取り上げた4つのうち2の「株式投資の手間を90%削減」はAIでも実現できますが、他の3つの実現はいまひとつ見込めません。

特に1の「年利60%以上の成果」というのはAIを利用した株式投資では原則不可能なので、株式投資で稼ぎたいのでしたら投資顧問を使った方が良いのです。

株式投資で利用すれば高確率で高い成果が期待できる投資顧問の選び方やおすすめの投資顧問会社名についてはこちらのページでまとめているので、株式投資で勝ちたいのでしたら目を通してみてください。

助言会社の選び方とおすすめ会社名特選



おすすめランキングランキング1位常勝株ジャーナル株エヴァンジェリストおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング