投資一任業者の概要とおすすめ会社特選

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

  • 「誰かに投資を任せたい・・・」
  • 「汗をかかずにお金を増やしたい・・・」
  • 「投資には興味があるけど自分でやる時間はない」

こんな時に利用を考えたいのが投資運用会社。

実はこの投資運用会社と契約をすれば、投資そのものをプロに任せられるので、あなたの貴重な時間を1秒も利用することなくあなたの資産を増やすチャンスが手に入るのです。

これはありがたいですよね。ただし、「1秒も時間をかけずに資産を増やせる」というのはどの投資運用会社も変わりませんが、肝心の運用力は各投資運用会社でバラバラ。

この点を考えると、投資運用会社の利用を考えるのでしたら、投資運用会社が何を行っているのかを正しく把握し、資産の運用力が高い会社を探すのが不可欠なのです。

そこでこのページでは投資運用会社は何をしている会社であり、利用するにはどの程度の資金が必要になるのか、そして本当に運用力の高い会社はどこなのか、という点等にまとめてみました。

投資運用会社って何?

もしかしたらおさらいになるかもしれませんが、まずはじめに投資運用会社が何をやっている会社なのかについて考えていきます。

主な会社概要

そもそも投資運用会社とは何かという点について簡単に取り上げると、個人投資家と機関投資家の資産運用の代行をする会社です。

具体的に着手していることは個人や機関投資家からお金を預かり、彼等の預かり資金を運用して増やすことです。各投資運用会社の運用能力には大きな差がありますが、優秀な会社ですと年間で5%~11%くらいの運用益が期待できます

この5%~11%の中間の値である8%の利回りを出せば、10年後の時点で資産は2.1倍になります。この数値は個人投資家にとっても機関投資家にとっても非常に魅力的な数値と言えます。

ちなみにこのような特徴を持つ投資運用会社は日本国内に少なくない数があり、日本投資顧問業協会が平成30年の4月に公表した公式資料によると日本国内には371社存在することになっております。

このような特徴を持つ投資運用会社が利用者に提供している業務は一般的には「投資一任業務」と言います。この投資一任業務が何を指すのかについてはこれからご紹介します。

投資一任業務の概要

この投資一任業務というのは、機関投資家及び投資家から投資商品の選定・投資判断・投資商品の売買の実行権まで一任され、それらを担当することを指します。

つまり投資運用会社を利用する場合、投資行為の全権を彼等に委譲し、彼等に投資行為全てを任せることになるのです。

ちなみに投資運用会社との契約期間中に生じた各種の問題に関しては投資運用会社側に明らかな過失がある場合は、投資運用会社側に責任を追及することができます。

ただし、何でも責任を追及できるわけではなく、責任の追及は明らかな過失があるときに限ります。この点を考えると投資運用会社を利用するのでしたら責任の追及をする機会が起きなそうな優秀な会社を選ぶことが不可欠。

この投資運用会社を選ぶ際のポイントについては後程ご紹介します。

利用するメリットは?

ここまでの話を前提にした上で投資運用会社を利用するとどんな効用があるのでしょうか?

この点について考えてみるためにも管理人が考える投資運用会社を利用する2大メリットをご紹介します。

  • 個人運用よりも高い成果を狙える
  • 忙しくても投資に取り組める

この2つの詳細については上から順番に簡単にご紹介します。

個人運用よりも高い成果を狙える

1つ目のメリットは自分で運用するよりもポジティブな結果が見込めることです。

そもそもの話になりますが、投資の世界では100人の投資家がいれば、買っているのは少なくとも20人。残りの80人は資産を減らしています。

その点、投資運用会社の手を借りればあくまで利用する会社が優秀であるという前提が成り立てば年利ベースで7%程度の利回りが期待できます。

ちなみに普通の個人投資家が7%の年利を安定して出すのは相当な投資の勉強が求められます。この点を考えると一部の投資の天才または投資の熟練者以外は投資運用会社を利用した方が良いのです。

忙しくても投資に取り組める

2つ目のメリットは、自分で運用しなくてよいので時間的負担がほぼゼロな点。

これは管理人自身の経験にもなりますが、個人で投資に取り組むと毎日相場を見たり、保有している投資商品の変動具合をチェックしなくてはいけないので非常に大変です。

しかも毎週平日は仕事でクタクタ、土日は家族や恋人、友人と過ごすとなると、とてもではないですが、投資の準備に多大な時間を割くのは困難。

その点、投資運用会社を利用すればあなたがどんなに忙しかろうが運用自体を任せられるので問題なく投資に取り組めます。この投資に割く時間を節約出来る点は投資運用会社の利用を考える大きな理由になります。

利用時に求められる料金体系とは?

ここまでご紹介しましたように投資運用会社を利用すれば、投資行為自体をプロに一任できるので、投資結果の面でも投資に要する時間の面でもメリットがあります。

しかし、これらのメリットというのは結局のところ、費用対効果ですよね。どんなに大きなメリットがあったとしてもコストがかかりすぎれば割に合いません。

そこでここでは投資運用会社を利用する際の料金体系と利用時の相場料金について考えてみます。

料金体系は固定費+変動費

まずは料金プランに関してですが、こちらはこの見出しにあるように固定費と成果連動型で発生するコストに分かれております。

まず固定費に関しては、利用する投資運用会社次第ですが、預けた資金の0.5%~1.5%程度のケースが多いです。なので、預け入れた資金の1%程度と考えるのが無難。

ちなみにもう1つの変動費に関しては利益を出した時に出した利益の一部をお支払いするいわゆる成果報酬のようなものです。

こちらのレートに関しても固定費と同様に各社でバラバラですが、出した利益の20%程度に定めているケースが多く見受けられます。

つまり、仮に1億円の運用を依頼し、1000万円の利益が出れば、その中の2割に該当する200万円を変動費として支払うことになります。ちなみにこの1億円を運用するケースの固定費は、1億円の1%の100万円です。

その結果、最終的に投資運用会社に支払うことになる費用の合計値は固定費の100万円と変動費の200万円を足した300万円になります。

料金体系は各社でバラバラ

投資運用会社の料金体系は固定費と変動費がセットになっていると言いましたが、具体的な料金プランは投資運用会社各社で大きく異なります。

例えば、成果報酬を一切取らない代わりに毎年預入資金の1%を取る会社もありますし、成果報酬のレートが30%と高い代わりに、資金を預け入れた際の固定費を相場である投資資金の1%という相場よりも大幅に下げている会社もあります。

それに意外と知られていませんが、投資運用会社の投資一任契約は投資運用会社と投資家側で条件をすり合わせることができるので、あなたの希望を伝えるのは自由ですし、大抵の投資運用会社はある程度の要望に耳を傾けてくれますので必要に応じて交渉することをおすすめします。

最低運用額の目安金額

ここまで投資運用会社の提供サービス・利用メリット・利用時に求められる費用についてご紹介しましたが、投資運用会社を利用する際に求められる初期投資額については特に触れてきませんでしたよね。

正直な話、これが分からないと本当に投資運用会社を利用するべきか否かの判断が難しくなるので、これから投資運用会社を利用する際に求められる初期投資額の目安最低金額について見ていきます。

一口単位は数億円単位

この見出しにあるように投資運用会社を利用する際は数億円程度の予算が求められるケースが多いです。

例えば国内で有名な投資運用会社の1つである岡三アセットマネジメントの現在の最低投資額を3億円。3億円と聞くと、「それは払えないよ・・・」なんてこともあるかもしれません。

私募型ファンドも1つの手

そんな時は1口の最低予算を1000万円程度に定めている私募型のヘッジファンドの利用をするのが一番。

そもそもこの私募型のヘッジファンドというのは何者かというと、準富裕層以上の層の投資家から広く資金を集め、その資金を運用するファンドのことです。

このような特徴を持つヘッジファンドの中には最低投資額が1000万円前後の会社も少なくないので、数億円の予算がない人にはおすすめです。

中には最低投資額が30億の会社もある

この見出しにあるように投資運用会社の中には1口の最低投資額価格を30億円以上に定めている会社も少なくないので、先ほどご紹介した3億円から投資できる投資運用会社は利用しやすい会社になります。

こう考えると3億円という最低投資額は投資運用会社の中ではかなり良心的な価格設定になるのです。これは驚きですよね。

この「3億円は良心的な最低投資額」というポイントを念頭に置いた上での話になりますが、どうして、投資運用会社は最低投資金額を3億円、30億円、60億円に定めるのでしょうか?

主な客層は機関投資家と法人

実はこの見出しにあるように投資運用会社の主なターゲット顧客は個人投資家ではなく、機関投資家と法人企業となっているからです。

そのため、3億円、30億円といったとてもではありませんが、個人では支払えない規模間に最低投資額を定めても顧客が獲得できてしまうのです。

しかも少なくない投資運用会社は個人投資家というだけで、運用代行を断るケースが見受けられます。現にサラリーマン投資家の管理人が、「仮想通貨で3億円稼いだので運用してほしい」と試しに頼んでみた所、見事に断れました。

この点を考えると、投資運用会社は原則として法人をメイン顧客とした会社であることを常に念頭に置く必要があります。

ファンド選びを誤らないコツ

ここまで投資運用会社を利用する際に把握しておくべき内容はある程度ご紹介しましたので、次に良質な投資運用会社の選び方について考えてみます。

そのためにも投資運用会社を選ぶ際に念頭においておくべき3つのポイントを一覧にしてみました。

  1. 運用業者登録をしている
  2. あなたの投資予算に合う
  3. きちんと数値を出している

今回取り上げた投資運用会社を選ぶ際に念頭に置いておきたい3つのポイントの中身については上から順番にご紹介します。

運用業者登録をしている

まず1つ目の「運用業者登録をしている」という点は投資運用会社を選ぶ際に欠かせません。

なぜこの「運用業者登録」が重要になるかというと、日本国内において「投資運用会社」と正式に名乗ってよい会社は投資運用業者としての免許を持っている会社に限定されているからです。

ちなみに、この投資運用業者としての登録免許の保有というのは金融庁から受けることになる「投資運用業者」としての登録許認可の取得を指します。そしてこの登録許認可の獲得基準はかなり厳しく、登録認可が認められるにはこちらの条件を満たす必要があります

  • 5000万円以上の資本金
  • 社内が機能するだけの十分な体制
  • 投資・金商法に精通した人材の確保
  • 人材面・社内体制面以外にも問題がない事

当然、金融庁側の審査もあるので、投資運用会社としての登録許認可を受けた会社というのはそれだけ信頼に値する会社になるのです。

あなたの投資予算に合う

真っ先に確認するべきなのは金融庁からの許認可とはいえ、金融庁の許認可と同じくらい重要なのはあなたの運用資金に合うかどうか。

これは当然ですよね。例えばあなたの運用資金が2,000万円なのに、一口の最低運用額が5億なんて会社は言うまでもなく予算オーバーです。

予算オーバーでは利用が出来ない以上、投資運用会社を利用する際はあなたが用意する運用資金で利用できる会社を見つけることは必須。

この点を考えると、会社のホームページで「投資運用会社」としての許認可があることが分かれば、そのあとはその会社に電話をしてみて、最低投資額を担当者に確認をしてみることをおすすめします。

きちんと数値を出している

あなたが投資運用会社に投資を任せる本質的な理由は現在手元にある資金を増やしてもらうことですよね。

しかし、投資運用会社の運用能力は各社でバラバラであることに加え、直近の運用成績がマイナスである会社も実は決して少なくありません。要するにあたりと外れが大きいのです。

当然、「当たりの投資運用会社」と契約をすれば投資資金が増えることは約束されるようなものです。その一方で外れの投資運用会社と契約してしまった場合、あなたの大切な運用資金は確実に減ります。

つまりそれだけ投資運用会社を選ぶ際にはどの投資運用会社を利用するかが欠かせないのです。この点を考えると投資運用会社を利用するのなら一番重要な数値を出している会社を選びたいですね。

ちなみに数値を出しているかどうかの1つの基準としては年利ベースで7%が期待できるかどうか。

なぜなら、株式投資の期待年利が5%前後なので、7%程度の利回りを出さないと自分で運用した方が高い数値を出せたのに・・・なんてことになりかねないからです。

この点を考えると投資運用会社としての登録資格を保有し、あなたの予算に合う会社の中で、7%程度のリターンを安定的に出している会社を探すことをおすすめします。

おすすめの投資運用会社ランキング

先ほど投資運用会社の選び方についてご紹介しましたが、おすすめの投資運用会社の会社名については特に触れませんでした。

そこでここでは管理人いちおしの投資運用会社を機関投資家向け・個人投資家向けに分けた上でランキング形式でご紹介します。

機関投資家向け

まず最初にご紹介するのは、機関投資家並びに法人向けにおすすめの投資運用会社です。

このタイプの投資運用会社は国内に100社以上は優にあります。そしてここではその100社以上ある会社の中で管理人のいちおしの会社名をランキング形式で4社ご紹介します。

  1. 野村アセットマネジメント
  2. T&Dアセットマネジメント
  3. 三井住友アセットマネジメント
  4. 岡三アセットマネジメント

この4社の投資運用会社の中で特におすすめなのは、ランキング1位のT&Dアセットマネジメントとランキング第2位の野村アセットマネジメント

まず前者のランキング第1位の野村アセットマネジメントは、国内の投資運用会社の中で運用資金がNo1の投資運用会社の中の雄。

野村証券を主体とする野村グループの傘下にあるので、運用担当者は優秀なメンバーが多い上に国内最大級の投資運用会社だけあって、運用実績も豊富。実績のある投資運用会社をお探しの人にピッタリ。

そして後者のランキング第2位のT&Dアセットマネジメントは機関投資家や法人企業の投資一任業務を多数担当している投資運用会社です。

この会社は生命保険会社を母体としている分、中長期の運用に秀でているので大企業から中堅企業にまで大人気。

この点を考えると、堅実な運用ができる投資運用会社をお探しでしたら是非とも目を付けておきたい1社になるのです。

個人投資家向け

次にご紹介するのは、個人投資家の代わりに投資行為を代行してくれる会社です。こちらにつきましても先ほどご紹介した機関投資家向けの投資運用会社と同様におすすめの会社をランキング形式でまとめてみました。

  1. M&S
  2. BMキャピタル
  3. ヘッジファンドダイレクト

実はこの3社は投資運用会社としての資格は持っておりません。しかし、投資運用会社と同じように投資家から資金を集め、その資金を運用している会社です。

このような会社は私募型のファンド、すなわちヘッジファンドと言われております。このヘッジファンドという単語は一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ちなみに先ほど名前を取り上げた3社のヘッジファンドはどれも1口の最低投資額を原則として1000万円に設定しているので、非富裕層でも利用可能。

そして気になる期待運用利回りに関してはM&Sは年利20%オーバー、BMキャピタルも12%程度と非常に優れております。

投資運用会社としての登録認可を受けていない点はやや気になるかもしれませんが、法人顧客や機関投資家を相手にしている本物の投資運用会社と比べると予算的な制約が小さな運用会社なのであなたが個人投資家なら要チェック。

よくある疑問

このページではここまで投資運用会社とは何者であり、利用するにはどの程度の予算が求められるのか、そしておすすめの投資運用会社の名前について取り上げてきました。

率直な話、ここまでの内容でこのページのポイントは紹介しきりましたが、もしかしたらあなたの中でまだ投資運用会社に対して不信感や疑問を持たれている点があるかもしれません。

そこでこのページの最後に投資運用会社の利用に興味を持たれている投資家が良く抱く代表的な疑問を一覧にしてみました。

  1. 運用会社が潰れるとどうなるの?
  2. 解約っていつでもできるの?
  3. 証券会社と何が違うの?
  4. 損失発生時の責任は誰のもの?
  5. ベストな会社はどこ?

ここで一覧にした5種類の疑問の詳細については上から順番に簡単にご説明します。

運用会社が潰れるとどうなるの?

この利用した投資運用会社が潰れるとどうなるのか?という点は、誰もが気になりますよね。特に投資をしたお金がどれだけ戻ってくるのかは死活問題のはず。

実はこの点に関しては契約書次第なので、一概になんとも言い難いことがあります。この点を考えると、興味を持った投資運用会社がありましたら契約締結前に倒産時の条項についてはきちんと確認することをおすすめします。

解約っていつでもできるの?

実は解約時期に関しても先ほどご紹介した倒産時の対応と同様に各社の方針次第ということになります。

現に毎日解約を受け付けている会社もあれば、解約申請月の翌月と定めている会社もあります。それに中には4半期に1度なんてこともあります。

このように解約可能なタイミングは各投資顧問会社で異なる以上、契約前に解約時期と解約ポリシーについてはきちんと確認することをおすすめします。

証券会社と何が違うの?

次にご紹介するよくある疑問は投資運用会社と証券会社の違い。

こちらに関しては一見すると明確な違いは説明しにくいようですが、明らかな相違点が1つあります。

その明らかな相違点とは何かというと、証券会社は投資商品の販売会社であり、投資運用会社は投資家の資金を運用するという違い。

この点を考えると、投資商品を買いたいなら証券会社投資を任せたいのなら投資運用会社を選ぶ損失発生時の責任は誰のもの?

投資運用会社に投資を任せて損失が出た場合、損失の補填を頼みたくなりますよね。

しかし、この点に関しては原則として投資運用会社は責任を負いません。なぜなら、投資運用会社と投資家が結ぶ投資一任契約というのは、投資家側が投資運用会社に投資行為を一任したという体裁だからです。

要するに、一任した側にも責任がある以上、損失の責任の追及は原則できないのです。ただし、この責任の追及が不可能なのは原則的なケース。

例えば投資運用会社側に看過できないレベルの失点があれば、その点を盾に損失の補填を請求することができます。なので、投資運用会社を利用して損失が出たケースでの責任の所在はケースバイケースとなります。

ベストな会社はどこ?

「結局どの投資運用会社が良いの?」という誰もが気になる疑問に対する回答はあなたが個人投資家であるのか、ないのかで変わります。

まずあなたが個人投資家の場合は、このページでご紹介したように大半の投資運用会社はあなたの資金の運用を断ります。その理由は端的で投資運用会社は機関投資家並びに法人を主顧客にしているからです。

そのため、投資の運用代行をしてくれる会社をお探しでしたらヘッジファンドを利用することになります。このヘッジファンドの中で最高の会社は年利15%が期待できるM&S。

その一方であなたが機関投資家または会社の資金を運用する立場にいるのでしたら、普通の投資運用会社を利用することができます。

このケースではあなたの運用資金に合った投資運用会社の中で高い運用力のある会社を選びたいですね。ちなみに、その筆頭候補は野村アセットマネジメント。

こちらは国内最大手の投資運用会社なので選んでおいてまず外しません。この野村アセットマネジメントの詳細が気になりましたら公式サイトをどうぞ。

この会社の公式サイトはこちら

なお、これにてこのページの内容は終わりますが、最後にこのページの内容と一緒に目を通しておきたいページをご紹介します。

やばい投資顧問の見極め方



おすすめランキングランキング1位株エヴァンジェリスト常勝株ジャーナルおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング