日経225先物で信用取引を上手に使う方法

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

オプション取引・レバレッジ

「オプション取引の成功の鍵はレバレッジ」

実はいまのあなたがご興味をお持ちのオプション取引は、通常の金融商品とは異なる点がいくつかあります。そして特に際立つ相違点が今回ご紹介するレバレッジ。

現に原則としてレバレッジが利用できない株の場合、レバレッジが使えるオプション取引と異なり投資額と保有する投資商品の額が一致します。

例えば10,000円の株価のものを100株購入する際の必要資金は100万円。そして1株の単価が10,500円になれば、5万円の利益が発生します。

その一方でオプション取引に代表されるレバレッジが使える金融商品の場合、10万円の予算で300万円の取引ができたります

この話は一見すると投資家側に都合の良いように思えますが、裏が気になりますよね。

そこでこのページではオプション取引で利用ができるレバレッジとは何なのか?。

そしてオプション取引でレバレッジを使いこなすコツは何なのか?といったことについてご紹介します。

オプション取引におけるレバレッジとは?

インターネットでレバレッジを利用した取引について調べてみると、「取引金額の全額を預託する必要がない資金効率のよい取引です」というような内容の解説がされているのをよく見かけると思います。

この説明は的を得た解説にはなるのですか、若干分かりにくさを感じる方もいるかもしれません。

そこでここからはオプション取引やFXで利用ができるレバレッジという機能の本質について考えてみます。

本質は差金決済

実はレバレッジという機能の根底には、差金決済という仕組みがあります。

この差金決済は「取引の最初」と「取引の最後」、いわゆる購入した際と売却をした際の差額のみの金銭授受を行うことで、資金の動作を少なくできるため効率が良い決済方式になります。

もう少しシンプルに差金決済を説明しますと、「取引開始から決済までの間でどれだけ儲かったのか、どれだけ損をしたのかという金額だけを清算しよう。」という構造になっております。

利用時には証拠金が求められる

しかしながら差金決済を行う際には日次清算を行う仕組みが多く、その日単体でいくら損失が出ているのかということを清算し、その過不足金額を表示することになります(このことを含み益、含み損といいます)。

そしてある程度の損失が発生した場合には取引参加者にその資金の有無を確認し、ない場合は市場から退出させることになります。

この理論を機能させるためにも取引所側は取引に参加するために最低限必要な金銭である「証拠金」の預託を求めております

つまり、取引に参加するためにはその証拠金を預託している必要があり、これがあれば問題なく取引を開始することができます。

そして仮に損失が発生したとしても、証拠金の範囲内での損失であれば問題なく取引を継続することができます。

結局レバレッジとは?

ここまで差金決済についてご紹介しましたが、今回のテーマの一番のポイントになるオプション取引におけるレバレッジ機能については取り上げてきませんでしたよね。

このオプション取引で重要なレバレッジというのは、取引所に預託した金額(証拠金+余剰金)と、原証券価格×取引単位の額のバランスを取る際のレートになります。

例えば日経225オプション取引では取引金額が1,900万円の場合、証拠金が69万円(1取引単位を1枚といいます)で1枚の取引ができるため、最大のレバレッジは約27倍となります。

もちろん預託した金額が大きければその分利用するレバレッジのレートも下がります。したがって、預託額が上記の例で行くと69万円であれば約27倍、138万円であれば13倍、1,900万円で1倍という風に変化します。

ここまでの説明でオプション取引の世界で非常に重要なレバレッジという機能が何なのかご理解頂きましたでしょうか?

全く利用しないケースはほぼない

オプション取引の世界では差金決済取引が採用されており、決まった取引単位の商品を何単位購入するかという形で取引に参加する形になります。

ちなみにレバレッジが1倍のオプション取引は常に取引額と元手が一緒である必要があります。

この点を考えると、オプション取引を行う際に全くレバレッジがかかっていないということはほとんどないのです。

なので、「オプション取引に参加する=少なからずのレバレッジを使うことになる」という方程式が成り立ってしまう点は常に認識しておくことをおすすめしあす。

実はリスクはそこまで大きくない

一般的には投資の世界でレバレッジをかけるというと、投資元本以上の取引を行っていることになるので、非常にハイリスクなことをしているように感じます。

この感覚自体は間違っておりませんが、日経平均の変動をベースとしたオプション取引の世界では1日で日経平均が2割も下がる、といった極端な価格変動は原則起こりません。

つまり、多少のレバレッジを利用したとしても想定外の損失を被るリスクがそれほど大きいわけでもないのです。

しかも取引に参加している多くの投資家は、レバレッジは10倍~13倍ぐらいのところで次回への資金も残しての取引を行っています。

その上、このクラスのレバレッジレートでならオプション取引の損失リスクはそこまで大きくはありません。

利用レートと期待利益の関係

ここまでオプション取引で利用することができるレバレッジの構造についてはご紹介しましたが、オプション取引でレバレッジを利用するとどのような結果になるのかについては全く取り上げませんでした。

そこでここではオプション取引でレバレッジという機能を利用するとどのような結果になるのかについてご紹介します。

利用するとどうなるのか?

例えば1000倍のレバレッジをオプション取引で利用をすると、プレミアムが100円であれば、オプションの買い手側には取引枚数×10万円(100円×1000倍より)のリスク要因が発生します。(反対に、これ以上の損失は事実上出ない)

この前提があった上で話を進めます。そしてこのケースで13倍程度のレバレッジを利用する場合、およそ140万円前後の預託金を預けることが求められます。

期待利益額はどの程度?

また最も重要な期待利益額に関しては、権利行使価格を超えてからの金額×1000倍となります。

例えば権利行使価格から500円投資したのと同じ方向に進行した場合、500円×1000倍なので、50万円が収益に。

このように収益に関しては非常に単純な計算で行うことができるので問題はないかと思いますが、損失に関しても同様にレバレッジの効果が発生します。

損益が大きくなるのは売りの時

もちろん損失時においてもレバレッジの効果が出るといっても、基本的にオプションの買い手であればプレミアム以上の損失は発生しないようになっているので、そうそう大きな損失と巡り合うことはありません。

売りのリスクとは?

しかし、これはオプション取引を「買い手」という立場で取り組んだ時であり、「売り手」という立場でオプション取引にかかわった場合は話が変わります。

現にオプションの売り手には、買い手と反対の効果が出ます。つまり、想定の範囲を超えての価格の上昇や価格の下落の際には、レバレッジ効果をダイレクトに受けることになります

つまり、コールオプションの売り手のケースで権利行使価格を超えて価格が上昇した場合、権利行使をされる可能性が高いです。

現に500円の上昇が発生した場合、先ほどと同様に50万円の損失が発生することになります。

とはいえ破産はない

この50万円が発生したケースにおいて利用していたレバレッジが14倍の場合、預託している金額は140万円前後ですので、その中から50万円を損金とした差金決済が行われます。

したがって、手元の資金は90万円程度まで目減りして、次のポジションをとるということになります。

もちろん50万円の損失は痛いですが、オプション取引で借金が発生したわけではないのでそこまで大きなダメージにはなりません。

借金や自己資金がゼロはほぼ起こらない

つまりオプション取引においては自己資金が全部なくなる、または破産する可能性は常識の範囲内でレバレッジを使っている限りは滅多に起きないので、レバレッジの利用自体はそこまでリスクが大きいわけではないのです。

もちろん市場ではまれに、1日で1000円日経平均株価が下落するまたは上昇することがあります。

そういった場合は1日で1枚当たり100万円の値動きとなるので、比較的大きな損失となる可能性は否めません。ですが、このようなケースでもかなりのハイレバレッジを利用しなければオプション取引で破産に至ることは想定できません

この点を考えると「レバレッジを利用する=オプション取引で破産する、全財産を失う」という方程式が原則成立しないことが分かりますよね。

信用取引を利用しない問題点

これまでオプション取引でレバレッジを利用した際のリスクについて考えてきましたが、オプション取引でレバレッジを一切利用しないとなるとどうなるのでしょうか?

実はレバレッジを利用せずにオプション取引に取り組む場合、投資の想定元本と同じ資金を預託した上でオプション取引に取り組むことになります。

もちろんそれだけの資金を用意した上でオプション取引に取り組めばオプション取引で破産やロスカットに見舞われるリスクが下がりますが、資金効率が悪くなります

しかもオプション取引の世界でレバレッジを利用しない場合、1900万円程度の資金を用意しても収益額は50万円、なんてことも起こりえます。

こうなってしまうとオプション取引に取り組むよりも株式投資に参加したほうが期待利益率が高くなることが考えられるので、オプション取引に参加して利益を狙う効果がなくなってしまいます。

この点を考えるとレバレッジを利用せずにオプション取引に参加する場合は、オプション取引ならではのメリットを失うことになります。

ちなみに最も大きなオプション取引ならではのメリットは、レバレッジ効果を利用した大きな収益性です。つまり稼ぐチャンスです。

そこでオプション取引でレバレッジを利用しないという選択をする際はオプション取引で稼ぐチャンスを自ら捨てたことになる、ということは念頭に置くことをおすすめします。

どうやれば利用できるの?

実はここまでオプション取引において最重要なポイントになるレバレッジのかけ方については特に取り上げてきませんでした。そこでここからはレバレッジのかけ方について考えてみます。

かけ方のバランスが重要

この見出しにあるようにオプション取引においてレバレッジをかける際にはかけ方のバランスが重要になります。

しかしながら、オプション取引の世界でも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」が当てはまるように過剰なハイレバレッジ状態は非常に危険だからです。

その一方でレバレッジ利用時のリスクを気にしてあまりに低いレバレッジレートでオプション取引に取り組むのはオプション取引の持ち味を捨てることになるので考えもの。

上手なレート選びのコツとは?

要するにオプション取引でレバレッジを利用する際に重要になるのは距離感なのです。

例えばあなたがオプション取引において許容できる損失額が50万円までの場合、それを上回る損失が起こりえるレバレッジを利用してオプション取引に取り組むのはアウト。

逆にあなたがオプション取引で許容できる損失額が200万円なら50万円の損失リスクがある取引は問題ないはずです。

つまりオプション取引においてレバレッジというのは、「○○倍のレバレッジを利用すれば安全」という絶対的な話にはなりえないのです。

そしてベストなレバレッジというのは、「証拠金+自分が許容できる損失の額(余剰金)の範囲内でオプション取引と関われるレート」になります。

この点を考えると、オプション取引でレバレッジを利用する際は許容損失額と証拠金とのバランスでレートを選ぶことが欠かせません。

レバレッジ効果を活用するコツ

オプション取引の持ち味は、レバレッジをかけた資金効率性のためにオプション取引の挑戦者の大半は一定のレバレッジを利用します。

しかしその中でレバレッジ効果を効果的に利用できている投資家はごく一部です。

それではどうすれば一部の投資家のようにオプション取引でレバレッジを有効活用できるのでしょうか?

利用レートは許容損失額次第

オプション取引においてレバレッジ効果を使いこなすために重要なことは、自分の許容損失の範囲内でオプション取引と関わるようにすることです。

例えばあなたが300万円程度の自己資金を用意し、69万円分の取引をするとします。

このケースにおける利用レバレッジのレートはレバレッジをかけるタイミング次第な面があります。

例えば安定している時期のものや期近のものに過剰にリスク回避をかける必要もありませんので多少の高いレバレッジをかけてオプション取引と関わっても特に問題はありません。

しかし先のほうの限月になるにつれて、想定される価格幅が大きくなります。このケースで過剰なレバレッジを使ってオプション取引に取り組むのはややリスクがあります。

つまり限月が先の場合はレバレッジを下げたいですし、逆に限月が近いケースでは利用レバレッジを高くしてもリスクがそこまで高くならないので強気の姿勢でオプション取引に取り組んでもそこまで問題はありません。

このオプション取引の限月の理論についてはきちんと把握することをおすすめします。

ポイントは相場の着地点の把握

ちなみにレバレッジを利用する際のレート選びにおいて特に気を配りたいのが相場の着地点を想定する事です。

例えば期近なものは清算日が近いため、投資家は決済の日を以て決済をする可能性が高くなります。

このケースではSQ値が出されることとなりますので、現在の価格からSQ値までの乖離が事実上のリスクであり、収益の源泉になります。

したがって、期初から期末までの1代足などで値動きを確認したうえで、先限つなぎ足との価格の乖離を確認することは利用レバレッジを考える際に重要になります。

乖離の幅の確認が欠かせない

ちなみにオプション取引の相場の特性として、最終的には先限つなぎ足との価格差が収斂していく傾向があります。つまりこれを一つの目安にしながらレバレッジと関われば利用レートを間違うことは想定できません。

ちなみに乖離が大きければリスクが小さく収まるレートでレバレッジをかけるのが王道です。その一方で乖離が小さければレバレッジを比較的高めに設定するのが定石になります。

このように限つなぎ足との価格の乖離を確認した上でオプション取引に取り組むのがレバレッジ選びにおいて非常に重要になります。

リスクヘッジもオプション取引では大切

ちなみにレバレッジを利用できるオプション取引は通常の金融商品と比べて資金効率が高い分だけ、損失の発生ペースが早くなるのでリスクが必然的に高くなります。

この点を考えるといくらレバレッジを利用しても余程のことがなければ大惨事にならないとはいえ、リスク回避は他の金融商品以上に気をつける必要があります。

ヘッジの方法は資金次第

ちなみに資金が潤沢な状態でオプション取引に取り組むのでしたら、バーティカル戦略やバタフライ戦略などをとる必要はありません。

事実、利用するレバレッジレートを下げるだけで価格が変動したとしても大きなリスクを背負わずにオプション取引に取り組めます。

しかし、オプション取引に取り組む際の資金が少ない中でオプション取引に関わる場合、どの戦略をとったとしても、ハイレバレッジの利用が欠かせません。

なぜなら、資金が不十分である以上、高いレバレッジを使わなければ枚数を保有することができないからです。

この点を考えるとオプション取引で利用レバレッジを考える際には資金の調整も重要になります

最大損失額の規定は非常に重要

逆に利用するレバレッジレートの面からオプション取引のリスク軽減に取り組むのであれば、自己資金の中で、証拠金+損失を被っても問題ない資金(余剰金)を預託することを心がけたいですね。

現にこれを行えばオプション取引の世界で大惨事が起こることはありません。

もちろんこのことは取引が複雑化するとリスク回避ができているのかわからなくなってしまうこともありますので、「言うは易し、行うは難し」であるのは事実です。

ですが、1つ1つの取引に対して、どのようにレバレッジをかけているのかを把握しておけば、結果としてオプション投資のリスクを回避していることと同様な意味合いを持ちます。

この点を考えると、自己資金の許容範囲を超えた枚数を保有しないように心がけることもオプション取引の世界では非常に重要であることは常に念頭に置くことをおすすめします。

このページのまとめ・・・

今更の話になるかもしれませんが、オプション取引では、通常の金融商品(株式投資や債券、投資信託など)と異なる取引ルールが沢山あります。

結局何が魅力なのか?

特に際立つオプション取引の特徴はレバレッジが使えることであり、このレバレッジを利用することは元本以上の取引ができるのでオプション取引にで稼ぎたい投資家はみんな使います。

もちろんレバレッジをかけることで、通常の投資よりも資金効率が良くなる半面、リスクも当然に高くなってしまうという側面もあります。

ですが、自己資金の中で、証拠金+余剰金という決まりを設けて取引に着手すればオプション取引が他の投資商品よりも、予想外に大きな損失を被る可能性は決して高くありません。

要するにオプション取引はリスクをコントロールしつつ、他の投資商品よりも大きなリターンを狙える金融商品なのです。

リスクが怖いならプロを使う

オプション取引は資金効率性が良く、期待利回りも通常の投資商品よりも高いので非常に優れた金融商品ですが、どうしてもオプション取引のリスクが怖いという投資家は一定数います。

もしあなたがそのような投資家の一人でしたら、売買指示や利用レバレッジについて逐一指示をしてくれる東京総合研究所のオプション取引サービスを利用することをおすすめします。

実はこの東京総合研究所というのはオプション取引に取り組む投資家の間では有名な投資顧問であり、この会社を利用すれば素人であろうとオプション取引で年利40%は実現できると評判です。

しかもレバレッジリスクに関しては十二分にコントロールしてくれるので、損失リスクも大して気になりません。

つまり、レバレッジリスクは怖いけれども、オプション取引で利益を出したい投資家と相性が抜群なのです。

このような特徴を持つ東京総合研究所の詳しい概要についてはこちらのページでまとめておりますので、目を通してみてくださいね。



おすすめランキングランキング1位株エヴァンジェリスト常勝株ジャーナルおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング