日経225オプションの欠点とは?

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

オプション取引のデメリットとは?

気になるオプション取引利用におけるデメリットとは

様々な投資商品の中でも、特に大きく稼ぎやすいと話題のオプション取引。

少額から始めて一気に儲ける人が続出する様を見ると、是非一度、自分も利用してみたいという気になりますよね。

そんな人気のオプション取引ですが、当然良い側面ばかりを持ちあわせているわけではなく、利用に際して知っておくべきデメリットが存在します。

ただ、急にデメリットがあると聞いて、何となく不安を覚えたという方がいらっしゃったら、今すぐ安心してください。

確かにデメリットは存在しますが、それを知った上で有効的な利用を心がければ、オプション取引は我々に最大限の利益をもたらしてくれます。

投資の世界においては、各種リスクやデメリットを熟知する事が、何よりも勝率アップに繋がる行為。

その意味でも、まずはオプション取引のデメリットについて理解を深め、大儲けへの第一歩を踏み出していきましょう。

では早速次項から、詳しく見ていきます。

オプション取引を利用する最大のデメリット

本項ではまず、オプション取引を利用する最大のデメリットについて具体的に3点ほど列挙し、それらを順番に見ていきます。

では、まず最初のデメリットからチェックしていきましょう。

損失額の大きさ

投資において、損失はできるだけ避けたい、もしくは少額に止めたいとは誰もが願う事。

しかし当然の事ながら、相場は自分の言う事なんて聞きませんし、想定外の出来事が発生するのは日常茶飯事です。

ちょっと目を離した隙に大損失に…なんて事もしばしば。

特にオプション取引においては、レバレッジをかけている都合上、一回一回の取引高が高額になりがちで、通常取引よりも被害規模が大きい傾向です。

また同時に、取引の回数が重なるごとに取引手数料が増加し、実質的には損失を出していない値動きでも損失を計上するケースも多々見受けられます。

まさに諸刃の剣、通常取引と比較して短期で儲かる分、オプション取引はこうした裏面、損失額の大きさにも十分注意する必要があるでしょう。

時間制約の厳しさ

続いて挙げられるデメリットは、題の通り時間制約の厳しさに関するものです。

そもそも本記事をご覧の方で、投資を生業としている、いわゆる「専業トレーダー」の方は、一体どれほどいらっしゃるでしょうか。

統計的な数字から見ても、恐らく大多数の人は専業ではなく、別に本業を持つ「兼業トレーダー」なのではないかと思います。

そんな兼業トレーダーの方々にとって最大の悩みであり、難しいポイントこそが、まさしく物理的な投資の時間を確保するという事でしょう。

かく言う私も、日中はサラリーマン、投資は夜中に行うという、二足のワラジを履いている身。

なかなか時間が確保できない現況において、同じような事情で苦しんでいる投資家の方々の気持ちは、身に染みてわかります。

こうした実体験を経て感じたという部分も大きいですが、やはり兼業トレーダーにとっては、時間的な制約が最大のデメリットとして挙げられる事は間違いないでしょう。

精神面での負担

最後に挙げられるのは、メンタル面で負担が大きいという事です。

これは上記二つのデメリットから通ずるものがありますが、オプション取引はそれなりのリスクを伴います。

それに加え、時間的な制約や日々のストレスが蓄積し、精神面が徐々にすり減るケースも散見されるなど、とても負荷がかかる投資手法な事に異論はないでしょう。

実際、私の知り合いでもそんなオプション取引を通じて精神を病み、投資の世界から離れてしまった人が何人もいます。

そんな彼らが口を揃えて言うのが、「オプション取引はメンタル勝負」という事。

目先の損得に一喜一憂しがちな投資の世界においては、こうした精神的なデメリットについても十分に考慮しておく必要があるでしょう。

さて、ここまでオプション取引を行うデメリットに関して、代表的な事例をご紹介してきました。

デメリットの概要がわかったところで次に気になる事と言えば、上記のような罠にはまり、実際に損失を被った方は本当にいるのか?という事でしょう。

そこで次項では、オプション取引を利用してデメリットを痛感せざるをえなかった、私の後輩の実例をご紹介します。

先物投資で実際に損失を出したケース

昨年某日、私の後輩は1000万円の資金を捻出し、オプション取引を始めました。

彼は普段会社員として普通に生活をしていますが、夜間取引ができるというメリットに惹かれて同取引を開始。

取引開始直後は大きくかける気もなく、安全な取引を行うために多めの資金を準備していましたが、複雑に絡み合う様々な要因が、彼のその後を狂わせてしまいました。

というのも、その当時はちょうど世界的な金融会合が行われていた瞬間で、その結果如何では相場が大きく動くのではないかと言われていたのです。

情報を鵜呑みにした彼は、「買いポジション」を取り、ゆったりと待機。

しかしその後、実際に発表された内容は、周囲の予想とは裏腹に、売り優勢のものとなっていました。

慌てた後輩はすぐさま売りポジションを持ち直すものの、直後に今度は買い優勢な局面に突入。

完全に混乱状態となった彼は、訳もわからぬまま負けを取り返すべく次々と資金を投入し続け、最終的に200万円以上の損失を計上してしまった…という実話です。

いかがでしょうか。一瞬で200万円もの大金が吹き飛ぶだけの破壊力を持つオプション取引は、中途半端な姿勢で利用するとこの通り、痛い目に遭いかねません。

では、私の後輩のような事態に陥らない為には、どのような防衛策が考え得るのでしょうか。

次項で詳しく見ていく事としましょう。

リスク回避の戦略とは

ここでは、オプション取引で大損失を被らないためのリスク回避戦略を、3つほどご紹介します。

早速、一つ目のポイントから見ていきましょう。

離見の見を意識する

一つ目のポイントは、「離見の見」を意識するというものです。

そもそも離見の見とは、その昔に能楽のプロである世阿弥が説いたとされる概念の事。

「我見=自分の目線」「離見=相手(自分から離れた存在)の目線」

という定義の下、相手と自分を更に第三者的な目線で見つめている=「離見の見」という流れで、この言葉が誕生しました。

そんな離見の見こそ、まさしく目の前の取引に熱中しがちな投資家の方にとって最も重要な概念であり、常に心に留めておいてほしい教えです。

先ほどもご紹介した通り、私の後輩はこの離見の見を持ちあわせていなかったために、我を失うほどにアツくなり、結果的に大損を被りました。

自分自身を常に冷静に見つめ、第三者視点で当時の局面を迎えられていれば、結果も変わってきていた事でしょう。

こうした実例からもわかる通り、まずは離見の見で己を見つめ、常に平常心で落ち着いて投資を行う事が、リスク回避の上で何より重要なポイントです。

投資金額を限定する

二つ目のポイントは、一度の取引においてどこまでの金額を投資するのか、事前に決めておくというものです。

これは、意図せずしてトレードでアツくなりすぎた際に、必要以上の損失を被らないよう予防線を張っておく役割を果たします。

先ほどの例で言えば、私の後輩は1000万円というまとまった資金があったが故につい気が緩み、連続して追加投資を行うという失敗に繋げてしまいました。

あらかじめ○○万円まで、と決めておけば、このような惨事には至らなかった事でしょう。

このようにオプション取引は、再三主張してきた通り大金を失うリスクを内包しているにも関わらず、特に初心者の方に限って資金管理が甘くなる事が多いです。

まずは金額上限を設定し、それ以上のお金は絶対に賭けないという心積もりで投資に臨む事が、リスク回避において最重要項目の一つと言えるでしょう。

損切りラインを決めておく

最後のポイントは、市場から撤退するタイミングをあらかじめ決めておくというものです。

これは、上記二つ目のリスク回避戦略と類似したもので、事前に自分の中でデッドラインを決めておき、有事に対応できるようにしておくという狙いがあります。

先ほどは○○万円まで「使用できる」というルール決めでしたが、こちらは○○万円まで「損をしたら撤退」という事を決めるイメージです。

あらかじめ撤退ラインを決めておく事で、万一負けが込んだ状況やパニックに陥った際も、冷静に淡々と取引を行う事が可能となります。

投資上級者やオプション取引玄人の方は、必ずと言っていいほどこうした損切りラインを決めて投資を行っているので、是非初心者の方も真似したいポイントです。

さて、上記3つが、オプション取引でリスクを最大限回避するための具体的なポイントでした。

つまるところ、平常心で余裕ある投資を心がける事が、オプション取引では何より大切というわけですね。

では、ここまでオプション取引に関するネガティブな側面を多く垣間見てきましたが、果たしてプラスの要素はどのようなものが挙げられるのでしょうか。

次項では、オプション取引の利用に関して、ポジティブな側面にフォーカスした話をお伝えしていきたいと思います。

メリットを活かせば実は儲かる

冒頭でも触れ込んだ通り、オプション取引は通常取引より儲かりやすいからこそ、人気がある投資形態。

何もメリットが無ければ、わざわざ利用しようとは思いませんよね。

現に私自身もメリットを最大限に活かし、たった数時間で手持ち資金を倍にした事が何度もあります。

利用方法を誤らず、しっかりとした戦略をもって臨めば、オプション取引はある意味最強の資産運用方法と言っても過言ではないかもしれません。

では、真の意味で目線をブラさず、勝利という正しい方向に向かって歩むためには、一体どうすればいいのでしょうか。

方法論はいくつか考えられますが、私自身の長年の経験に基づく結論としては、ずばり専門家のアドバイスに従う事が最も効率的でおすすめです。

結局のところ、初心者が闇雲にネットや書籍の情報ばかりを鵜呑みにして手探りで取引をしたところで、偶然に近い確率でしか勝ちは望めません。

それでも独学をしたい方、そこまで儲けたいと思っていない方は、どうぞそのままお一人でオプション取引をご継続ください。

本当にオプション取引で勝ちを望みたい、短期間で儲けたいという方だけ、以下で私が過去実際に利用したおすすめ業者を紹介中ですので、是非ご覧ください。

管理人おすすめのオプション業者とは

ranking_ban_sp shinsei evanbelist ales jyoushou tokyo-sougou

関連記事



投資顧問ランキング
14日間のメルマガ講座