5分で分かるオプション商品のタイプの違い

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

オプション取引の種類の違い

5分で分かるオプション取引の種類

最近多くの投資家に注目されているオプション取引ですが、実は色々な種類の商品があることをご存知でしたでしょうか?

現に一口にオプション取引といってもそれぞれの投資商品で投資対象の種類も利益の発生タイミングも異なります。

この点を考慮すると、オプション取引に取り組むのでしたら各種類の商品の違いを押さえ、どの種類の商品に投資をするのかを決めることが欠かせません

そこでこのページでは現役でオプション取引に取り組んでいる当サイトの管理人がオプション取引にはどんな種類の商品があり、各種類の商品にはどんな差異があるのかについてまとめてみました。

バニラ型とエキゾチック型がある

今回のメインテーマになるオプション取引の種類を考える際に最初に着目をしておきたいのが、目をつけている商品がバニラ型とエキゾチック型のどちらに該当するのかという点です。

実はバニラ型とエキゾチック型には明らかな違いがあります。現にバニラ型の商品というのは日経225オプションをはじめとした一般的なオプション取引が該当します。

その一方でエキゾチック型の場合はバニラ型の通常のオプションにはないたくさんの条件が課された取引になります。

この「通常のオプションにはないたくさんの条件がある」、と聞くと想像がいまいちできないかもしれませんが、ご安心を。

実はエキゾチック型のオプション取引というのはあくまで特殊なタイプのオプション取引です。つまり
バニラ型を押さえればオプション取引への理解は事足りてしまう
のです。

この点を前提にここからはバニラ型のオプション取引とは何者であり、どんな取引方式があるのかについては見ていきます。

通常のオプション取引は2種類×2

バニラ型のオプション取引にはコール型の取引とブット型の取引があります。

このコールとブットというのは通常のオプション取引における戦略の中心を担う基本の取引手法になります。そのため、オプション取引を理解するためにはコールとブットが何者であるかを正しくつかむことが欠かせません。

逆に言えばこの内容を把握しておけば、その後に出てくるさまざまな戦略であったり、エキゾチック型の取引であったりは難なく理解できる範囲になります。それだけ重要になるコールとブットの詳細についてはこれから1つずつご紹介します。

「コールとは?」

最初にご紹介するコールオプションというのは、ロング型のポジション、いわゆる上昇について大きな収益を伸ばすことを考えられたオプション戦略になります。

このような特徴を持つコールオプションは、市場の上昇タイミングと下落タイミングのどちらにも役に立ちます。

例えばコールの買いの場合、プレミアムを支払うことで権利行使価格以上の金額まで原資産が上昇した場合、それ以上の価格についてのレバレッジをかけた収益が入手できます。

それに権利行使価格まで原資産価格が上昇しないまたは下落してしまった場合は、買い手は権利を捨てれば損失額は取引の際に支払ったプレミアムの代金だけで済みます。

その一方でコールの売り手の場合、このプレミアムが収益になります。ちなみにプレミアムは常に売り手にとっての収益であるため、原資産が変化しないほうが良いという場合の市場に備えた取引にもなります。

「ブットとは?」

そしてもう一つのプットオプションはオプション取引におけるショート戦略であり、市場の下落に乗じて収益を獲得する手法です。

このプットオプションは市場が下落することを目的としているため、市場が乱高下する際や、売りが売りを呼ぶ市場になった際に非常に有効な手段として働きます。

特に下落市場では、いわゆるデリバティブ取引(金融派生商品)でしか獲得できない利益構造でもあるため、下落市場において大きな期待が出来ます。

「それぞれには売りと買いがある」

これまでご紹介したコールオプションにもプットオプションにも買いと売りの両方が存在します。そこでここからは買いと売りの特徴に違いについて考えてみます。

買いのケース

一般的に買いの時は上昇時も下落時も、権利行使価格より大きく上振れまたは下振れすることにより、大きな収益が獲得できます。

しかも買い手の場合は大きな収益を獲得することが目的なので、攻めの戦略に組み込まれることが多いです。

そのため、利益を限定せずに、損失が限定できる取引手法であるために、一般的な取引参加者の中でも最も利用される機会が多い取引になります。

売りのケース

一方で売り取引の場合は損失が事実上無限であり、利益は有限であることからも、裸売りという売りだけを立てるポジションはあまりおすすめできません。

しかし、その一方で売りは相場が安定していれば安定して収益を上げることが可能となるため、オプション取引以外の投資商品を利用している投資家には非常に相性の良い選択肢になります。

権利行使タイプの種類

オプション取引でも先物取引でもそうですが、保有している商品には限月があり、その期日までには必ず決済をしなければなりません。ちなみにこの限月というのは、決済の期日みたいなものです。

限月があるオプション取引では、基本的に満期日で権利行使をするか放棄をするかという選択を行うか、反対売買を行うことによって市場から離脱することができます。要するに選択の幅が広いのです。

そしてオプション取引の権利行使の方式はこちらの3つに分かれます。

  1. ヨーロピアン・タイプ
  2. アメリカン・タイプ
  3. バミューダン・タイプ

今名前を取り上げた3つの権利行使の方式の中身についてはこれからご紹介します。

ヨーロピアン・タイプ

ヨーロピアン・タイプは、権利行使日が取引の最終日と決められているタイプです。

権利行使日が決まっている以上、取引の期間中は権利行使ができず、反対売買による決済しかできません。

このタイプは長めに取引を行う投資家に向いている投資方法であり、債券などのオプション取引には多く用いられている取引になります。

アメリカン・タイプ

アメリカン・タイプは反対に満期日までの間であれば、権利行使がいつでも可能なタイプの取引となります。いつでも権利行使が可能なので、自分が満足した時点で権利行使をかけることができます。

このような特徴を持つアメリカン・タイプは権利行使がいつでも可能なので、売り手の場合は反対売買で早めに逃げないと権利行使されるリスクが付きまとうということになります。

バミューダン・タイプ

バミューダン・タイプは、権利行使の期日が複数回に分けて設定されているものです。

商品によって異なりますが、アメリカン・タイプとヨーロピアン・タイプの二つの中間というにふさわしい権利行使設定であるといえます。

特に注目しておきたいのは、バミューダン・タイプは反対売買だけはなく権利行使も可能である以上、市場の良いところで決済ができるので非常に使い勝手が良い点。

この使いやすさからバミューダン・タイプは比較的新しい取引仕法とはいえ、様々な商品で採用されつつあります。

投資する原資産は様々

次にオプション取引の投資対象の違いについてみていきます。

実はオプション取引と一重に言っても投資をする対象としての原資産には大きな違いがあります。

ちなみにこの原資産というのは、通常市場にある現物取引をされている商品のことであり、「株式」・「先物」・「通貨」・「商品」・「日経225」などがあります。

この点を念頭に置いていただいた上での話になりますが、特に人気があるのは株式を利用したオプションと先物タイプのオプションです。

そこでここからは国内の投資家に特に人気のある「株式オプション」と「先物オプション」という2種類のオプション取引の詳細についてご紹介します。

「株式オプション」

株式オプションとは、オプション取引の種類の中でも比較的多くを占めるものであり、実質的に主流でもあります。原資産としては市場に流通している株式であり、基本的には有限のものです。

そしてこのような特徴を持つ株式オプションは市場原理としての売買だけではなく、企業の価値も同時に重要になってきますのでその点を念頭に入れて投資に取りくみたいですね。

「先物オプション」

そして先物オプションというのは、一般的にはコモディティなどに対する商品をしてあるオプション取引になります。

日本に日経225先物取引なども先物オプションの一部にカウントされ、取引がなされています。

現物をリアルタイムで扱うのではなく、将来取得するための先物取引にオプション取引を加えるという手法を用いるため、仕組みは複雑に感じますが、取引手法としてはとても一般的なものなります。

基本は日経225を理解すればOK

オプション取引を始めるにあたり、実際にどの種類の商品が良いのか難しい判断になるかもしれませんが、
基本となる取引は日経225オプション取引
です。

なぜなら国内のオプション取引商品の中で日経225オプション取引は最も市場規模が大きな商品のため、市場価格に近い取引が可能だからです。

それに日経225オプションであれば、商品オプションや株式オプションなどの各オプション取引の仕組み、ルール、価格形成の手段なども学ぶことができるため、一番取引参加が多いオプション取引でもあります。

そのため、オプション取引を始めるのであればまずは日経225オプションから着手することをおすすめします。

コラム:その他のオプションの種類

これまでオプション取引の種類についてご紹介しましたが、これまでご紹介した内容はあくまでバニラ型のオプション取引です。

実はオプション取引の世界にはバニラ型のオプション取引ではなくエキゾチック型の商品もあります。

このエキゾチック型のオプション取引については冒頭で軽く触れましたが、特殊な条件を付加した取引になります。

ちなみに有名なエキゾチック型のオプション取引としてはこのようなものがあげられます。

  1. バイナリーオプション
  2. レンジ・オプション
  3. ワンタッチオプション
  4. ノータッチオプション

ここで取り上げたエキゾチック型のオプション取引の詳細については上から順番にご紹介します。

バイナリーオプションの詳細

バイナリーオプションとはバリアー価格といわれる、一定の価格に到達するかしないかを条件としたオプション取引です。

キャッシュオアナッシングといわれる、インザマネー状態の時だけ収益であり、それ以外の時は全くの無価値になります。

またバイナリーの中でも現物引き渡しのイメージで市場につなぐ場合は、インザマネーの時に原資産と同様の価値を持つアセットオアナッシングという特徴があります。

レンジ・オプション

レンジ・オプションとは、取引開始時に決められている一定の価格幅の(上演価格と下限価格が設定される)中で取引を行うものです。

やることとしては、一定期間後、価格幅がその範囲にいるか(インザレンジ)、いないか(アウトザレンジ)を予測することになります。この予測が当たれば一定の金額を受け取れます。

ワンタッチオプション

ワンタッチオプションに付加されている条件は、「取引開始時から終了時までのどこかにおいて、基準価格に触れること」が条件とされています。

帰順された金額に触れれば利益が確定するので、取引初心者にはとても心強い商品になります。

ノータッチオプション

ノータッチオプションはワンタッチオプションチオの逆であり、「取引開始時から終了時まで、決まられた価格に一度も触れないこと」が条件とされています。

こちらは安定した価格を持っている債券や商品などのオプションとして取引をされるほか、ドルなどの主要通貨に対しても利用されることが多く、オプション初心者にも人気があります。

まずは日経225をやってみる

ここまでオプション取引の種類についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

いざオプション取引に取り組むとなるとオプション取引の種類が気になりますが、実際に取り組むことになるのは国内の証券口座でしたら日経225オプションくらいです。

そこで管理人としてはオプション取引の種類やオプション取引への投資に興味をもちましたら、まずはじめに日経225オプションを学び、実際に日経225オプションをはじめてみることをおすすめします。

この日経225オプションの詳細な情報や効果的な投資手法については以下のページでまとめているので、ご興味がありましたら是非目を通してみてくださいね。

ゼロから学ぶ日経225オプション講座



おすすめランキングランキング1位株エヴァンジェリスト常勝株ジャーナルおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング
14日間のメルマガ講座