日経225オプションで大稼ぎする方法

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

オプション取引で億万長者になる道のり

億万長者になるためには、非常に大変な努力と時間、そして才能が必要なように感じているのではないでしょうか。

しかし、オプション取引や株と言った投資の分野であれば、そういった心配をすることなく、億万長者を個人が目指すことは十分にできます。

特に今回ご紹介するオプション取引は、金融商品の中でも、資金効率がとても良い商品です。現にオプション取引であれば比較的少ない元手で大きな利益を目指せるので億万長者になれる確率が上がります

このような特徴を持つオプション取引は投資で億万長者を狙う人にとっては非常に都合が良いですが、全員がオプション取引の特性を利用して億万長者になれるわけではありません。

それではオプション取引を通して億万長者になれる人となれない人の違いって何なのでしょうか?

この点についてこのページでは現役のオプション取引のトレーダーであり、オプション取引で億万長者になった知人を持つ管理人が解説しております。

オプション取引で億万長者になる人ってどんな人?

オプション取引で億万長者になる人ってどんな人?

まずはじめにこの見出しにあるオプション取引で億万長者になる人ってどんな人なのか?、という点についてご紹介します。

これは数千万円単位の初期資金を用意できないケースを前提としているのですが、本気で億万長者を狙うのでしたらある程度のハイレバレッジを利用してオプション取引と関わる覚悟が欠かせません。

ハイレバレッジと聞くとリスクを気にするかもしれませんが、現実的な話、数千万円単位の元手がない中で億万長者を狙うのでしたら使わざるを得ません。

どうしてこう言い切れるかというと、オプション取引に限らずあらゆる投資はリターンを取ればそれだけリスクも大きくなるからです。

要するに数百万円、数十万円単位の元手で億万長者を狙うのでしたらリスクを受け入れることはほぼ必須。そしてその億万長者を狙う際のリスクというのはオプション取引の世界では先述したハイレバレッジ。

ただし、漠然とハイレバレッジを利用すれば億万長者を狙えるかというとそういうわけではありません。それではどうすれば良いかというと、タイミング選びと手法選びに力を入れるのです。

勝ち馬に乗れ

これはオプション取引に限った話ではありませんが、投資の世界では同じ時間に同じ取引に参加していても、利益が出る手法があれば、その反対には必ず損をする手法があります。

このように、投資の世界では天国と地獄が両立してる以上、全ての投資家が儲かるグループに所属するのは不可能なのです。したがって、取引をする際は、理論上ではありますが、儲かるほうに乗らない限り、億万長者になることはありません。

また時流を見極め、常に「誰が取引しても儲かりやすい、勝てる相場」のタイミングで大勝負をする、という姿勢も億万長者を目指す際には欠かせません。

現に時期を見越した投資をすることで億万長者を目指す投資方法を実践できるのであれば、オプション取引の勝率を漠然とトレードするよりも飛躍的に高めることが可能になります。

要するに今取り上げたような「勝ち馬に乗る」という姿勢は本気でオプション取引を通して億万長者を狙うのでしたら重要になります。

投資手法の組み合わせが必須

ちなみにオプション取引で億万長者を目指すのでしたら、相場の状況を見ながら複数のオプション取引を組み合わせ、「自分なりの利益が出る価格帯」を形成することも重要です。

これが出来れば自ずとその「利益が出る価格帯」ではリターンが見込めるので、取引を繰り返せば徐々にとはいえ億万長者に近づきます。

もちろんこれはやや熟練度の高い話になりますが、対象となる価格帯を広げることにより、相場に乗りにくい時期でも利益を出すことが出来る手法はいくつも見つかります。

この点を考えるとオプション取引で億万長者を目指すには、①適切な時期に、②その時の相場に合った手法で、取引をすることが重要になる点は自明のはず。

つまり、本気でオプション取引を通して億万長者を狙うのでしたら、「誰でも利益の出せる手法を、自分のタイミングに合わせて使いこなせる人」を目指すのが一番。

億を稼ぐトレーダーの取引方法

億を稼ぐトレーダーの取引方法

これはあまり知られていませんが、武道の世界でよく話題にあがる「守・破・離」という法則はオプション取引の世界でも成り立ちます。

つまりオプション取引にそこまで精通していない人がオプション取引で億万長者を目指すのでしたら、既にオプション投資で大きな利益を出している投資家の真似をするのが一番理に適っているのです。

そこでここからは、理論上ではありますが、このタイミングでは、この手法を扱うのが一般的、という形でオプション投資のプロが利用する投資手法を紹介します。

今話題のスプレッド取引とは?

プロの投資家が利用する手法としてご紹介したいのが、価格差のある2商品を利用した、スプレッド取引です。

このスプレッド取引と聞くとオプション取引の世界にあるスプレッド戦略と混合されるかもしれませんが、全くの別物です。このスプレッド取引が指すものは、2つの異なる商品の組み合わせで利益をとる手法です。

相場の流れから利益を出す

一般的には、市場規模が大きければ大きいほど基準株価の値動きは鈍く、市場規模が小さくなるにつれて基準株価の値動きは鋭くなっていきます。

それに相場は生き物であるとよくたとえられるように、大きな波の形を形成しながら価格が変化していきます。加えて一般的には相場を見る期間が長期的であれば長期的であるほど、大きな変化が見られるようになるので、波形は非常に緩やかになります。

この特性を生かし、相場の全体の流れから利益を出すのが今回ご紹介するスプレッド取引です。

スプレッド取引のメリット

この手法の何がいいのかというと、①相場の上下動に騙されないという点と、②価格変動が小さい時にも実は大きな利益を狙えるという点。

実は投資の世界の誘い文句で「こんな流れを読みやすい相場はありません!」と言われる相場の変動ケースは相場に長期的な波が見られる時がほとんど。その一方でその波にズームアップが発生すればするほど、波形は複雑になり、特徴を捉えることが難しくなります。

ただし、この時に、その波形を、長期間から短期間まで、緩やかに変化させる手段があります。それが価格差です。

この価格差を利用するのはオプション取引で億万長者になる投資家が多用している手法の一つなので、オプション取引で億万長者を目指すのでしたら利用しない手はありません。

スプレッド取引のデメリット

ただ問題としては、取引に大きな資金が必要になるという点です。なぜならスプレッド取引は異なる2つの商品間での取引となるため、取引スタート時の資金+価格変動に備えた予備費がそれぞれに必要になるからです。

この点に関しては既に億万長者である投資家にはそれほど問題にはなりませんが、初心者投資家には由々しき問題になります。

そこで普通の投資家がこのスプレッド取引をオプション取引の現場で実際に実施するのでしたら相応のレートのレバレッジの利用をはじめとした工夫が求められます

リスクを冒す価値が十分にある

これまでご紹介したスプレッド取引は予算が必要な手法である以上、プロの投資家以外には利用のハードルが非常に高い手法ではありますが、この価格差を利用した取引は、非常に効率が良いのです。

なぜなら、この取引は値動きの異なる2商品間での取引となるため、価格が停滞気味の時でもしっかりとした収益を狙うことが出来るからです。

1回の取引の変動幅はなんと3000円

例えば基準価格が10000円のAという株価と、基準価格が20000円のBという株価が存在していたとします。

Aが15000円に上昇し、Bが22000円まで上昇したとき、どちらも上昇していますが、2商品間の価格差は、縮まっています。

この時スプレッド取引を利用していれば、3000円の利益ですので、Bを単独所有するよりも大きな利益が出たことになります

相場の波が到来した後に取引を始めるには、相応のリスクが必要ですが、価格差は常に存在し、大きな流れはなかなか変わらないという特性を生かし、オプション取引の中に組み入れることで大きな収益性を導いていきます。

安心して継続できる

なお、Aのみの所有よりも利益は少なくなっていますが、先ほどのようなケースの価格変動時には、変動幅(ボラティリティ)が大きくなっているため、そもそも通常のオプション取引を行うことが非常に難しい状況です。

それがスプレッド取引の場合は、高い確率でかつ、日々の価格変動に惑わされない大勢観を持って取引を行うことができます。その結果、このスタンスでオプション取引を繰り返せば億万長者も夢ではありません。

ここまでご紹介しましたようにプロの投資家は難易度は高めですが、勝率の高い手法でオプション取引に取り組んでいるからこそ、素人の投資家よりも億万長者になれる可能性が高いのです。

素人が億万長者になるには?

素人が億万長者になるには?

これまでご紹介しましたように資金力も経験も不足している素人がオプション取引を通して億万長者を実現するのは、相当険しい道のりになります。

しかし、素人でも堅実な手法でオプション取引に取り組めば、やや時間がかかるとはいえ、億万長者になるのは決して不可能ではありません

現に単独商品での利益確保という堅実な投資を行うことで億万長者になったトレーダーが管理人の知人にはいます。

普通のトレーダーが彼のような億万長者になるには何が重要なのでしょうか?

守りながら攻めるのが不可欠

プロではない投資家がオプション投資と関わる際に絶対に気をつけるべきことは、「損失が限定できていない取引を単独で所有しない」ことです。

なぜこれが重要かというと、プロの投資家に比べ、非プロの投資家は資金力がしっかりとしていない以上、大きな損失を避けるのがオプション取引で最重要課題だからです。

もちろん素人投資家がオプション取引を通して億万長者を目指すのでしたら、リスクテイクも必要です。

それはそうですよね。元手がない中でオプション取引を通して億万長者を目指すのですから。要するに本気でオプション取引を通して億万長者を目指すのでしたら、単独の商品で、いろいろな戦略を試す必要があるのです。

例えば株価が以前に比べ上昇しているときは、これから大きな波動にそなえて、ストラグルの買いをとってみたりするもの良いでしょう。

その一方で株価が安定しているときは、ストラグルの売りやストラングル手法を取り入れてみるのも有効です。

買いと売りを混ぜるのがポイント

また買いオプションと売りオプションの取引を単独所有するのではなく、組み合わせで確度を上げるほうが効率が良いでしょう。

これを行えば利益が出る可能性を上昇させた上で利食いを繰り返せるようになっていきます。

またオプション取引をはじめて間もないころは、利益が出ているところで取引を終了させる癖をつけることも重要です。

なぜなら利益を伸ばそうと粘っていると、いつの間にか損失の域に達してしまっていることがよくあるからです。

この点を考えると、億万長者になるスピードは鈍りますが、オプション取引の経験が浅い間は頻繁に利食いを繰り返し、少額ずつでも資金を増やし続けることが重要になるのです。

このようなサイクルを繰り返し、オプション取引に着手する資金が増えと一度の取引に回せる金額の上限が大きくなり、さらに大きな利益を創出できるようになります。良く言う複利効果ですね。

資金が安定的に増加するまではこの複利効果を利用してオプション取引と関わった方が億万長者になれる確率は高いのです。

この点を考えるとオプション取引経験が浅い投資家でも時間という武器を用いて着々とオプション取引で小さな利益を積み重ねれば最終的に億万長者になるのは決して不可能ではないのです。

リスクヘッジも忘れずに

リスクヘッジも忘れずに

この見出しにあるようにオプション取引を行う上で最も重要かつ、億万長者への道で絶対に避けて通れないのはリスク対策。このリスク対策のコツについてこれからご紹介します。

青天井のリスクは非常に危険

実はオプション取引のように、売りポジションでは最大リスクが限定されていないとなると、単純に取引資金が1回の取引で底をついてしまう可能性があります。

利益を狙いつつ、いかに自己資金を保全するかというバランスが億万長者になるためには欠かせません。そしてオプション取引で失敗している投資家の多くは、リスク管理に失敗しているケースがほとんど。

中でも特に多いのは、ストラグル、ストラングルの売りを形成している際に、突然の大相場に見舞われる場合です。

このようなケースでは、取引の残存期間が長いもののほうが大きいなリスクを背負うことになります。

このリスクは決して小さくない以上、ストラグルとストラングルの売りを形成する際には、まずは期近のものを選び、バタフライ戦略といった用意をして万が一の際に備えるのが欠かせません。

リスクは回避と受容の両立が鍵

ただし、過剰にリスク回避をしすぎると、無駄な取引が増えてしましますので、しっかりと計算したうえで、自己が管理できるリスクの許容量を策定してください。

このバランス具合がオプション取引で億万長者を目指す際には鍵になります。つまり、オプション取引の参加者で、億万長者となった投資家は、他の誰よりもリスク回避を行うのがうまいという表れでもあります。

現に億万長者はリスク管理を徹底しており、無駄な損失を誰よりも嫌います。防げるのであれば徹底的にリスクを回避するという姿勢はオプション取引で億万長者を目指すのでしたら絶対に欠かせません。

リスクが怖いならプロを使う

リスクが怖いならプロを使う

オプション取引で勝つには、ギャンブラーのような精神力が必要であるという人もいます。これはオプション取引の本質の半分をとらえております。

実際、オプション取引はハイリスクな投資であり、取引の対象銘柄も個別の株式取引と違い、実際の収益を反映したものではないため、値動き自体が水ものの様相を呈しているのは事実。

しかしながら、社会の影響を受けやすいものであるからこその面白みもあり、資金効率もとても良い投資である以上、投資で億万長者を目指すのでしたらかなり良い投資商品になります。

なので、投資を通して億万長者を目指すのでしたらオプション取引は「非常にあり」な投資商品です。

ただし、この点を前提に置いた上でのオプション取引の難点は、リスク回避をしながら、資金の保全を図り、かつ様々な手法を取り入れ、相場の様子を見ながら他の商品との価格差を視野に入れながら取引をするというのは非常に難易度が高い点。

これをプロではない普通の投資家が実現するのは不可能に近いです。実はこれがオプション投資で億万長者がなかなか出ない理由の1つです。

そこでもしあなたが一人でオプション取引に取り組んで億万長者になれる自信がないのでしたら、オプション取引のプロの手を借りるのが一番。

このオプション取引のプロの中で管理人が利用しており、本当に腕があるのが東京総合研究所という投資顧問。現に管理人自身、この投資顧問会社のオプション取引プランを利用し、助言内容に従ったところオプション取引で年利45%を実現しました。

このような質の高いオプション取引の助言を行う東京総合研究所の詳細はこちらのページでまとめているので、是非とも目を通してみてくださいね。

オプションのプロの詳細はこちら


関連記事



投資顧問ランキング