気になるオプションの変動要因と大きさ

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

オプション取引のリスクとは?

「オプション取引の成功の鍵はリスク管理」

色々な投資商品がある中で稼げるという人気の投資の1つにオプション取引があります。しかし、稼げるということはそれだけリスクがある事を意味します。

現にオプション取引はあらゆるジャンルの投資商品の中でも比較的高リスクの投資商品に分類されるという事実があります。

この「比較的大きなリスクがある」ということを知ると、オプション取引に着手するのにしり込みをするかもしれませんが、オプション取引のリスクを正しく認識し、適切なリスク対策を行えば想定外の損失は原則として発生しません

要するにオプション投資に取り組むのならどんなリスクがあり、その大きさはどの程度なのかを正しく把握することは欠かせないのです。そこでこのページではオプション取引に伴うリスクの種類と大きさ、そして適切なヘッジ方法などについてまとめてみました。

オプション取引における主な3つの変動要因

オプション取引は、どのサイトで検索しても、必ずハイリスクを伴う投資として紹介されます。このハイリスクな投資で勝つ際の重要な要素の一つとして、原証券の流れを読むことが挙げられます。

原証券とは?

そもそも原証券とは何かというと、オプション取引の値動きの基礎となる指標のことであり、代表的なものとして日経平均株価やJPX400があります。そのほかにも、金などの商品もその対象に含まれています。

こうした指標の値動きを予測するうえで重要なことは、内的要因、外的要因、そして海外ヘッジファンドの3つを掴むことです。今取り上げた、

  • 内的要因
  • 外的要因
  • 海外ヘッジファンドの動向

という3つの中身については上から順番にこれからご紹介します。

内的要因って何?

最初にご紹介する内的要因というのは単純に国内の経済要因のことを指します。

実は国内の政治の状況や経済的な政策、国内物価の変動により企業の総合的な収益性が評価されることもあります。現に相場の世界では「実際にどれだけ収益が出ているのか」よりも「どれだけ誰でも利益が出しやすい環境にあるか」を基準に交換されることがあるからです。

その結果として実際に日経平均やJPXのように、指数系の株価は、実際の利益金額や先行きよりも、国内の内的な要因に従った値動きをする傾向にあります。そういった意味で内的要因はオプション取引においてリスク要因なのです。

外的要因とは?

2つ目にご紹介する外的要因というのは、海外の経済要因を指します。特に海外経済要因の中でも特に影響を受けやすいのは、アメリカ、中国、そしてEUの経済状況です。

これらの国や地域に関して言えることは、総じて単体でも日本よりも市場規模が大きいことです。投資の世界では個別銘柄の株価を除き、一般的にはその市場で最も大きな金額を動かすことにより最も大きなインパクトを残すことができます。

そのため、それぞれの国が大きな値動きを起こすような経済制約や重要なイベント(特に悪い意味でのサプライズ)は世界に衝撃を与えるリスク要因になるのです。

ちなみにオプション取引に限らずですが、世界中の株式市場ではこういった変動要素はチャンスでもあり、リスクにもなります。この点を考えると、指数系の取引であるオプション取引を行う際には外的要因の影響性においては念頭に置いておきたいですね。

ヘッジファンドの動きとは?

そしてオプション取引の仕組みを利用している中で最も大きな影響を陰から及ぼしているのが、海外ヘッジファンドの存在です。

海外に拠点を置くヘッジファンドは、先ほどの海外市場でも同様ですが、資金力が膨大です。その資金力にものを言わせ、特に市場が空白化している際には非常に大きな力を発揮します。

国内市場でも海外市場でも、必ずといっていいほど、なんのニュースもない時期が存在します。内的要因も外的要因もないのであれば一般的には株価は変動しません。

しかし、このヘッジファンドの動向の結果、ふとした瞬間に大きく値動きすることがあります。特にヘッジファンドが多用する手法として有名なものは、指数と指数の価格差を利用したスプレッド取引があり、こちらは市場における大きな変動要因になります。

スプレッド取引が与える影響

ヘッジファンドが利用するスプレッド取引の場合、事実上使っている指標のうちどちらかが値上がりか値下がりか、金額は問わず変動すれば、いわゆるレンジ相場(市場の値動きが小さい状況)であっても利益を得ることが出来ます。

なぜなら、市場が大きくなればその市場には安定性が生まれるため、一方の大きく安定した市場と、他方の市場が小さく値動きを形成しやすい市場を利用すれば、価格差が見いだされるからです。

この手法をとれるほど規模の大きいヘッジファンドの動向は、実際に買いと売りを行える(上がっても下がっても利益が取れる)オプション取引ではチャンス要因でもあり、リスク要因にもなり得ます。

最大の損失はどの程度?

オプション取引を始める方の大半は、期待できる利益の大きさが他の投資商品よりも過大になることを期待して取引を始めます。しかし、利益が課題になるという点はリスクが過大なることも指します。

損失の大きさはケースバイケース

「リスクが過大になる」と聞くと少し「ドキッと」するかもしれませんが、この見出しにあるようにオプション取引において許容が求められるリスク(損失リスク)の大きさはオプション取引に取り組む際のスタンス次第、という側面があります。

なぜならオプション取引では一般的に買いと売りで背負うリスクが全く異なる上に許容が求められるリスクの種類も異なるからです。つまり、一口にオプション取引のリスクと言ってもオプション取引と関わるスタンス次第でリスクの大きさは大きく変わるのです。

この点を考えると、オプション取引のリスクの大きさやオプション取引で許容が求められる最大のリスクを考える前にオプション取引に取り組む際のスタンスを考えることが不可欠になります。

買い手の損失はプレミアムの範囲内

例えば見出しにあるようにオプション取引ではコールであってもプットであっても、買い手に課せられるリスクは、プレミアム分の支払いに限られています。

つまり、相場が全く以て逆方向に進んだとしても、それ以上の損失リスクは発生しません。ちなみにオプション取引で日経平均株価を1枚買い建てした場合は、その時のプレミアムにもよりますが、40万円前後の損失が最大のリスクとなります

もちろんその前に権利放棄をすることも可能ですが、一般的には相場が外れることによって被る損失はこの程度です。つまりリスクはそこまで大きくないのです。

売りには限度のない危険性がある

一方で、売り方には、基本的には大きなリスクが存在します。売り方に存在するリスクとして、オプション取引の場合は特殊ですが、最大損失が決まっていない(どこまでも損をする可能性がある)という特性があります。

このリスク特性を考えるとコールでもプットでも、売り手の参加者には、それ一本でオプション取引に参加することは原則として勧められません。

現に最大損失が限定されておらず、かつ権利行使をされると必ず従わなければならない特性がある以上、相場が逆方向へ変動した場合、値動き×1000倍のダメージを受けます。仮に1000円逆方向へ動いてしまって決済となった場合は、1枚でも100万円のリスクを背負うことになりますものね。

ちなみに1枚当たりの取引に100万円以上の資金を準備するには相当な予算が必要な以上、売りを前提にオプション取引に関わるケースでは投資元本以上のリスクを背負って取引をすることになります。

特に売りのケースでは注意が必要

これまで見てきましたようにオプション取引の大きなリスクは基本的に売りオプションに存在します。なぜなら買いオプションにはリスクの制限が付きますが、売りオプションには無限のリスクが伴うからです。

実はオプション取引の戦術として、売りオプションを2種組み合わせる方法などもありますが、こちらも同様に、原証券の価格が大きく上下動した際に、多額のリスクを背負うことになります。

したがって、オプション取引を行う際、特に売り建てのみを行う際は、損切の手法についても確認をしておかなければなりません。

売りはタイミングと兼用が鍵

これまでの内容を念頭に置くとオプション取引を始める際にリスク管理をするのならば、まずは売りたてのみでオプション取引に関わらないことをルール化するのが無難。

しかしながら「売り」はオプション取引で避けるべき内容なのかというと、そういうわけではありません。現にオプション取引において売りオプションは有効な利益確保の手段でもあることは事実だからです。

それにそもそもの話、オプション取引は基本的に期限が到来する=必ず決済をさせられる取引である以上、清算せずにロールオーバーし続けることはありません。したがってオプション取引で「売り」に着手する際に特に気をつけることは、売りに参加するタイミングです。

売りは短期の方が安全

逆に言えば、売りのタイミングにさえ気を配ればオプション取引で売りを利用することはそこまでリスクがあるわけではありません。この点を考えると、売りはリスクが高いとはいえ、使い方さえ気を配ればオプション取引で問題なく使えるのです。

ちなみにオプション取引の世界では取引の残存期間が長いほど相場の不確定性が高まるため、売り手のリスクが大きくなる傾向にあります。このリスク構造を考えると、オプション取引のリスクを下げるためにも売りの際は買いよりも比較的短いスパンで対応していくことをおすすめします。。

効果的なリスク回避術とは?

実はオプション取引において「売り」という行為はリスクヘッジにも活用でき、さらには利益を生み出せるものであるということは押さえておく必要があります。

ちなみに売りオプションは決済に近く、相場が落ち着きはじめる直前を狙う場合、リスクが小さくて済む可能性が高いので狙い時です。要するにオプション取引で売りを利用するのでしたらリスクが低く収まる時に狙いを絞ればよいのです。

またオプション取引においては買いオプションは値動きが小さいことがリスクに繋がる以上、総じて限月が遠いものは買いオプションが入り、期近になるにつれて売りオプションが増えるのが望ましいです。

さらに欲を言えば同じ限月のものを時間差で扱うことにより、徐々に自分が保有する限月がどのように動いて、最後着地するのかを確認したいところです。そしてその結果に合わせて買いオプションと売りオプションを組み合わせることで、リスクを抑えつつ利益の固定化も狙えます。

このようにオプション取引では最後まで動ける手段をとっておき、帳尻を合わせる準備をはじめからしておくということが非常に重要になります。

リスク管理さえすれば割に合う

改めての話になりますが、オプション取引はリスクの大きさや取引構造の複雑さのイメージが先行してしましがちな取引になります。要するに端的に言えば、オプション取引は難しそうなうえにリスクも高そうなのです。

この「高いリスク、難しい」と聞くとオプション取引はデメリットの多い投資のように思えます。ですが、オプション取引は何もデメリットばかりが際立つ高リスクの投資商品ではありません

複雑な分、メリットがある

オプション取引は一見すると煩雑な投資に思えますが、個別銘柄取引や投資信託にはないような損益の調整ができたり、証拠金取引であるがゆえに通常の金融商品よりも高収益の達成が見込めるメリットがあります。

つまり、リスクが高そうで複雑だからこそのメリットがオプション取引にはあるのです。この点を考えるとオプション取引は何もリスクだけが目立つ投資商品ではないのです。

ただし、オプション取引において買いオプション1本や売りオプション1本で参加して利益を狙ってしまうのはリスクが高いのは事実。現に売り、または買いの1本でオプション取引に臨むと資金ショートを起こしやすくなるので失敗リスクが高まります。

この点を考えるとオプション取引に取り組む際にはリスク管理の観点でも買い・売りのどちらかに偏りすぎないように気を配りたいですね。

少額の元手でも資産を増やせる

しかもこの見出しにあるようにオプション取引は十分な資金が無くても資産を増やすチャンスがある投資商品でもあります。

現に資金を倍にしようと考えたときに、通常売買の株取引であればその価格が倍になるまでの時間が必要になりますが、オプション取引をはじめとする証拠金取引であれば、その10分の1程度の値動きでも実質的に資金を倍にすることも可能です。

したがって適切なリスク管理を行えば、数多くの投資商品に頼らずとも、投資信託や株式投資と同等、あるいはそれ以上の収益がオプション取引では期待できるのです。

この点を考えると、リスクが高く、最悪の場合は元本超過損も考えられる取引なのでオプション取引は難易度が高いのは事実ですが、非常にチャンスがあるのでオプション取引は割の良い投資商品と言えます。これは紛れもなくリスクがあるが故のメリットですね。

そろそろ、オプション取引のリスクについてまとめたこのページも終わりますが、このページではオプション取引のリスクについて言及した一方でオプション取引の期待リターンの大きさについてはそこまで深く触れておりませんでした。

そこでもしあなたがオプション取引のリスクだけではなく、期待リターンについても興味があるのでしたら、このページと併せてオプション投資のリターンについて言及している、こちらのページに目を通してみてくださいね。

オプションの期待利益の大きさとは?



おすすめランキングランキング1位常勝株ジャーナル株エヴァンジェリストおすすめの助言会社

関連記事



投資顧問ランキング