オプション取引は稼げるのか?

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

日経225オプションは本当に儲かる?人気の投資手法を徹底解説

225のオプション取引がほんとに儲かるかどうか

「リスクを最小限にして利益を出したい」

投資をやっている方であれば、一度はこのような事を考えた経験があるのではないでしょうか。

そんな離れ業をやってのけられるのは専業でトレードしている人や、限られた一部の人だけであると思われがちですが、実は普通のサラリーマンでも、限られた時間の中で利益を出す事は十分に可能です。

特に今回ご紹介する日経225オプション取引は、少ない元手で大きな利益を生み出す事ができる投資商品として、投資家の間でも非常に人気が高いものとなっています。

実際に私自身もこの日経225オプション取引をフル活用し、これまでに多額の収益を生み続けてきました。それ故、これから投資を始める方々にも是非おすすめしたい投資商品であると断言可能です。

そこで今回の記事では、

「本当に日経225オプション取引は儲ける事ができるの?」
「どのような事に気をつければいいの?」

等の疑問について、詳しくお答えしていきたいと思います。

それではまず、恐らく皆さんが最も気にしているであろう「日経225オプション取引は実際に儲かるのか否か」について見ていきましょう。

日経225オプションはその実儲かるのか

結論から申し上げますと、日経225オプション取引は「しっかりとポイントをおさえれば」、儲かります。

なぜあえて「しっかりポイントをおさえる」という点を強調したかと言えば、日経225オプション取引で失敗する人の大半がルールを無視し、我流で投資を行っているからです。

普通の株式投資と比較しても、日経225オプション取引は戦略が多様で、細かいルールも多数存在します。それだけに、初心者が下手に自己判断で動くと、大損を被る可能性が非常に高いというわけです。

しかし、裏を返せば、日経225オプション取引は通常の取引よりも大きく儲かるチャンスが多く存在しているとも言えます。それこそ初心者の方でも、ルート通りに確実な手を打てば、短期で大儲けする事も十分に期待できるでしょう。

後ほど詳しくご紹介しますが、実際に日経225オプション取引を通じて大金を手にした方も存在しています。

では、そんな日経225オプション取引で実際におさえるべきポイントを下記にまとめましたので、早速ご覧ください。

  1. リスク管理をする
  2. 資産管理をする
  3. ポジションを持ち過ぎない
  4. 副次的なポジションの準備をしておく
  5. 早期撤退を心がける

意識する事は大まかに、この5つです。共通して言える事としては、やはり「事前に準備をしておく」という点に尽きると言えるでしょう。

日経225オプション取引のみならず、投資全般は己の感情が結果に大きく影響し、思い通りに進まない事が多々あります。不測の事態に備え、事前にこうした対策を練っておく事こそが、投資成功に繋がる最大のポイントといっても過言ではありません。

まずは上記5つをしっかり意識して、日経225オプション取引に向けた準備を開始してみてください。

さて、日経225オプション取引をするメリットや気を付けるべきポイントもわかったところで、ここからは実際に日経225オプション取引で利益を上げた事例についてご紹介していきます。

実際に相場で利益を出した事例

日経225オプション取引に限らず、金融商品への投資においては、相場に乗るタイミングこそが最重要事項です。

相場に乗るというのは、「誰が取引しても儲かりやすい、勝てる相場」のタイミングで勝負をするということ。

では一体、相場に乗って儲かった事例とはどのようなものが存在するのでしょうか。

ここでは、日経225オプション取引で実際に儲かったケースに絞り、代表的な二つの事例をご紹介していきます。

チャイナショック

先に紹介するのは、大きな前触れもなく突如発生した事で話題を呼んだ、通称チャイナショック。

これは、経済成長著しい中国で近年起きた、株式相場の急落を主とする社会事象の事を指しています。

チャイナショックが発生したその当時、ちょうど日経225自体は20000円を久しぶりに回復し、これからの期待も大きくなっていました。

そんな中で中国市場では、個人の信用に依存した実体のない金融取引が増加し、いわゆる副次的な金融取引件数が増加の一途を辿っているフェーズに突入していたのでした。

しかしこれら一連の取引は、文字通り「実態」が無いため、取引の背景がしっかりしておらず、結果として相場に大きな上下動を巻き起こす主原因となってしまったというわけです。

その後、中国に端を発した不景気の波は瞬く間に世界中に広まり、直線で約6000円ほどの値動きを記録した大きな波が発生するなど、文字通り大恐慌に陥りました。

そんなチャイナショックが発生する直前、この大騒動を見越して価格が下がることを予想していたとある投資家は、実際に205円で10枚の建玉を実施。

ここで同氏は、価格がもし下がらなかった時のリスクを考慮しながらも、あえて下がることだけに望みをかける、何ともシンプルで強気な投資判断をしました。

その後、数か月後に決済したタイミングで、当時のオプション価格は750円を記録。

結果として、ここでの収益は差額の545円×1000倍×10枚でしたので、545万円の収益という非常に大きな収益を一瞬で獲得することに成功したのでした。

アメリカ大統領選挙の日

続いて紹介するのは、直近のアメリカ大統領選挙の事例です。

アメリカの大統領選挙前の市場予想は、クリントン大統領誕生であれば相場は動かず、トランプ大統領誕生であれば相場どころか世界が大混乱に陥り、暴落の波と不況が訪れるという、大変な予想がされていたのです。

そんな中でご存知の通り、蓋を開けてみれば僅差でトランプ大統領が当選。

相場は瞬く間に大きな下げを記録しましたが、ほどなくして急回復、その後の好景気に繋がるという何とも皮肉めいた結果に終わりました。

この時に価格の上昇を予想していた投資家は、上記チャイナショック時の投資家同様、リスク管理を徹底したシンプルな戦略で、見事売りぬく事に成功。

こちらも漏れなく、莫大な利益を生み出すことができたというわけです。

このように、相場が非常に大きく動く際には、上記のように日経225オプション取引は、「売り・買い」両方とも有効的な手立てとして存在しています。

なおここでも大事なのは、やはりその時々に合わせた戦術をとることである、ということを忘れないようにしましょう。

さて、ここまで日経225オプション取引で実際に莫大な利益をあげた事例に関して見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分も早速日経225オプション取引を始めてみたい!と息巻き始めた方も多いかと思いますが、一方でまだ実践に移るのは怖い、損を出すリスクが怖いという方も一定数いる事でしょう。

そこで次項では、そんな不安要素の主要因である日経225オプション取引の「リスク」を徹底的に排除した、おすすめの投資戦略についてお伝えしていきたいと思います。

リスク管理を徹底した常勝戦略とは

では早速、日経225オプション取引を行う上でおすすめの戦略、ポイントについてご紹介していきます。

日経225オプション取引で儲かるポイントを一言でお伝えするならば、ずばりリスク管理を徹底することが、何より勝ちに繋がる要点です。

「リスク管理が一番大切?今さら?」

と不審に思われた人もいるかもしれませんが、むしろそんなあなたにこそリスクの重大さを強く意識していただきたく思います。

実際に相場で買っている投資家が口を揃えて言う明言に、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けあり」という言い回しがあります。

投資の世界においてもこの表現はぴったり当てはまり、勝てる投資家の手法等は様々存在しますが、負ける投資家の特徴はだいたい一致しているものです。

その共通項こそ、まさしく「リスク管理が甘い」という事に尽き、初心者は基本中の基本を怠って勝手に自滅していっています。

逆に経験者や玄人に限って、こうした基本をしっかりおさえながら、収益を生み出しているという実績があるというわけです。

では、実際に彼らは具体的にどのような点を意識してリスク管理を行っているのでしょうか?以下に最重要ポイントを記載したのでご覧ください。

  1. 余裕資金の中で取引をする
  2. 取引の最中も余裕を十分に持たせる
  3. 取引に無駄なお金をかけない

以上三つが、投資において意識すべきリスク管理ポイントです。また、これら全てに共通する点として、余裕を持つという事が挙げられます。

可能な限り無駄を省き、余裕を持ったシンプルな投資を心がけるだけで、加速度的に投資成績は向上するもの。

上記を強く意識し、いち早くあなたにも日経225オプション取引の魅力を実感していただければと思います。

さて、ここまでの内容を振り返りながら、最後にまとめを見ていく事としましょう。

まとめ

これまでお伝えしてきた通り、日経225オプション取引は、その取引の多様性や戦術性、取引の柔軟性に伴って収益機会も多いです。

たしかに大損を被る危険性も内包していますが、今回ご紹介したような手順を踏んでしっかりとリスク管理をすることで、安全に大儲けする可能性は飛躍的に上がっていきます。

しかし、日中別に仕事がある人に関しては、十分な時間を確保して日経225オプション取引に臨めない人も少なくないですよね。

また、今回の記事を見てもまだ何となく不安という方や、日経225オプション取引に対しある種のギャンブル感を覚え、食わず嫌いになっている方もいる事でしょう。

そんなあなたには、最後に管理人の私も絶賛愛用中の日経225オプション取引企業、「東京総合研究所」をおすすめします。

この会社の代表はファンドマネージャー歴25年の大ベテランであり、過去に数々の人々を設けさせてきた十分な実績があります。

  1. 本気で稼ぐサポートをする
  2. 適宜明確な指示を出してもらえる
  3. 期待年利は40%~100%

他にも、上記のような輝かしい実績・サービスを誇る同研究所。

信じられないほどのクオリティで、実際に私もたった1か月で元手を倍にしてもらうなど、至れり尽くせりな待遇を受けています。

「なかなか時間がないが日経225オプション取引でとにかく早く儲けたい」「一人では不安だがとにかく動き出してみたい」といった方は、以下から東京総合研究所のサービス内容を確認し、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

話題の東京総合研究所が提供するサービスとは

株式投資歴7年の管理人が推奨!管理人イチオシの投資顧問を一挙大公開 新生ジャパン投資 株エヴァンジェリスト アレス投資顧問 常勝株ジャーナル 東京総合研究所(オプション)

関連記事



投資顧問ランキング

おすすめの人気記事ベスト3 管理人が利用している投資顧問 投資顧問ランキング 投資顧問と投資信託の違い