日本株の売買で億り人を目指すには?

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

株式投資で1億円を形成する方法と「億り人」後の運用のコツ

「株式投資で1億円を作る手順」

株式投資で1億円を作りたいと思う人は結構多いですし、もしかしたらあなたもそんな一人かも知れません。

しかし、それを実現できる人はごく一部

ただし、ごく一部と言ってもこの株式投資で1億円を築いているメンバーというのは最高の学歴や最高の投資センスを持つ一流の人材ではないケースがほどんど。

それではどんな人が、1億円を株式投資で稼いでいるかというと、大半はごく普通のサラリーマンだったり、公務員だったりするのです。要するに株式投資で1億円を築くということは誰でも頑張ればできるのです。

この話を聞くと、どう頑張れば株式投資で1億円を築くことができるのか気にならないでしょうか?

そこでこのページでは、株式投資で1億円を作るためのプロセスと1億円を作って「億り人」になった後の運用方針についてまとめてみました。

株式投資で「億り人」になる手順

株式投資で「億り人」になる手順

最初にご紹介するのは株式投資で「1億円を稼ぐために何をすればよいのか?」という、1億円を稼ぐ手順。この株式投資で1億円を稼ぐための具体的な手順をシンプルにまとめるとこのようになっております。

  1. まずは1000万円を作る
  2. 100万円を急騰銘柄に回す
  3. 投資規模を大きくする
  4. 1割を急騰銘柄に回し続ける

ここで取り上げた株式投資で1億円を稼ぐための4つのステップの詳細については上から順番にご紹介します。

まずは1000万円を作る

株式投資で1億円を築くためにまず行うべきことは、最初に1000万円を築くことです。

どうして1000万円を築くのが重要かというと、株式投資には100万円を築くフェーズ、1000万円を作るフェーズ、1億円を稼ぐフェーズがあり、それぞれのフェーズで適切な運用方針が変わるからです。

そこでもしあなたがまだ1000万円を築いていないのでしたらまずは1億円を稼ぐことは一旦忘れて、1000万円を作ることを第一に株式投資に取り組むべきです。

100万円を急騰銘柄に回す

100万円を急騰銘柄に回す

ここからの内容は1000万円または、1000万円に相当する金額を株式投資に回せることが前提の話になりますが、今ある1,000万円相当の予算を1億円に増やすためにも元手の1割は大幅な値上がりが見込める急騰銘柄に回したいですね。

どうして急騰銘柄に回すべきかというと、普通に株式投資に着手する場合、元手の額が1,000万円と言えど、大した利益が見込めないからです

現に株式投資の世界における標準的な期待利回りは前後5%。つまり、普通に株式投資に着手した際の期待利回りはせいぜい3%~7%なのです。

普通に運用すれば35年かかる

この点を考慮し、1000万円を7%の利回りで複利運用すると、1億円を築くのにどの程度の時間がかかるのか考えてみます。実はこのケースで1億円を築くのに要する期間はなんと35年。

流石に35年は時間がかかりすぎですよね。そこで鍵になるのが年間60%以上の利回りが狙える急騰銘柄への投資です。

この急騰銘柄を絡めて1億円を築くコツは、1000万円のうちの9割を普通の銘柄にし、そして残りの1割を急騰銘柄に回すのです。これを行うとどうなるか考えてみます。

累計の利回りが12%になる

もしあなたが、1000万円の9割の900万円で年利7%の結果を出せば、年間の発生利益額は63万円(900万円×0.07)。そして残りの100万円分の急騰銘柄の運用で年利60%を出せば、年間で60万円の利益が発生します。

これをやれば株式投資で狙える年間の累計利回りは12%オーバーになります。(1000万円で123万円の利益より)

ちなみに12%の利回りで1,000万円を複利運用で回すと、1億円を稼ぐにはどの程度の時間がかかるかいうとおよそ20年。つまり、40歳から株式投資に1000万円を投資すれば60歳の時点で1億円が出来てしまうのです。

投資規模を大きくする

投資規模を大きくする

ここまでご紹介した株式投資で1億円を作るポイントというのは、「1000万円を用意する」、「1割を急騰銘柄に回す」です。

これを行うだけで計算上は20年程度の時間があれば比較的容易に1億円を築くことが出来ます。しかし、20年というのはまだまだ長いですよね。

そこで鍵になるのが適宜株式投資に回す資金を増やすことです。

例えば株式投資に着手する際の初期資金を1000万円としながらも、毎月3万円を株式投資に回し続ければ、1億円の資金が積み重なる時期は18年にまで短縮されます。

上記のサイクルを続ける

9割を通常の株式銘柄で、1割を急騰銘柄で運用し続けると順調に運用資金が増えていき、株式投資を途中で辞める人もいます。

この「ある程度増えたらやめる」というスタンスは決して間違っていませんが、1億円を築くという点においては非常に大きな問題です。

そこで管理人としましてはこの9割を普通の銘柄で、1割を急騰銘柄に回すというスタンスを1億円が貯まるまでは必ず継続することをおすすめします。

ポイントは銘柄選びと情報集め

ポイントは銘柄選びと情報集め

これまで株式投資で1億円を築くためのプロセスについてはご紹介してきましたが、この1億円を稼ぐプロセスの中で最も重要なポイントはなんでしょうか?

この点に関してはっきり言うと「銘柄選び」と「投資関連の情報の収集力」の2点になります。

どうしてこの2点が株式投資で重要かというと、結局のところ、株式投資は規模の大小に関わらず「稼げる銘柄」さえ見つければ勝てる類の投資だからです。

この株式投資の基本的な構造を考えると、株式投資で勝つコツというのは結局のところ、「良い銘柄を見つける発掘力」と「相場の流れを掴むための情報収集力」の2つに集約されます。

この株式投資において鍵を握る「銘柄の発掘のコツ」と「情報収集のポイント」の詳細についてはこれからそれぞれご紹介します。

急騰銘柄の発掘が必須

実は株式投資で重要な銘柄の発掘の中で特に鍵を握るのが急騰銘柄の発掘力です。

なぜなら、この急騰銘柄の発掘が出来ない場合、ごく一般的な前後5%の水準で株式投資に取り組まなくてはいけないので、1億円を築くのに40年近くかかってしまうからです。

ちなみにこの「急騰銘柄」は、株式の割安性の診断や今後の経済情勢をはじめとしたマクロ状況の分析が投資のプロ並みにできないと安定的に発掘することが出来ません。

そこでもし自力で「急騰銘柄」を見つけるのが難しそうでしたら、株式投資のプロを雇うという選択を取るのが良いですね。

この株式投資のプロに関してはこのページの末尾で紹介していますが、今すぐ知りたいのでしたらこちらをどうぞ。

株式投資のプロとは何者か?

情報の質が投資結果を分ける

世界が今後どうなるかは誰も予測が出来ませんが、保有している企業の株価に対してはある程度予測が出来ます。

なぜなら、その企業が所属する業界のトレンド、そして最新の経済動向や法規制周りの変容を調べれば、その企業の株が保有に値するか否かはある程度分かるからです。

この点を考えると株式投資では銘柄の割安性を調べることに加えて、最新の世界情勢などの情報が瞬時に耳に入ってくるように工夫するのが欠かせません。

1億円を株式投資で運用するコツ

1億円を株式投資で運用するコツ

これまでご紹介した株式投資で1億円を築くコツについてはある程度まとめきりましたので、この話はここらへんで一度締めます。

そこでここからは既に1億円を築いたという体裁の元、株式投資で築いた1億円を効果的に運用するためには何をすればよいのかについてご紹介します。

プロを雇う

この1度築いた1億円を株式投資で運用する際にまず行いたいのは株式投資のプロを雇うことです。

どうして株式投資のプロを雇うべきかというと、1億円という資金は元手の額が非常に巨額なので、小さな運用の失敗で非常に大きな損失が発生するからです。

現に元手1億円で株式投資に取り組み、5%の損失が出るとどうなるでしょうか?

1億円の5%なので、500万円。つまり500万円の損失があっというまに出てしまうのです。当然、株式投資のプロを雇うには500万円はかかりません。

この点を考えると株式投資で1億円を運用するのでしたら株式投資のプロの手を借りることは「費用対効果的には大あり」な選択になります。

ちなみにこの株式投資のプロの詳細については後程紹介しますが、今知りたいのでしたらこちらをどうぞ。

株式投資のプロとは何者か?

投資先と投資商品を分ける

投資先と投資商品を分ける

2つ目に取り上げる株式投資で1億円を運用する際の必須の約束事は、投資先と投資商品を分けることです。

どうしてこちらが重要かというと、1億円は投資の世界でも巨額の資金だからです。この巨額の資金は大富豪ならいざ知らず、一般的な投資家にとっては絶対に減らしたくない大事な資産だと思います。

流石に1億円を減らすリスクをゼロにはできませんが、投資先を分ければ大きくコケることは原則としてありません

ちなみにこの投資先の分散には投資する株式銘柄もそうですが、投資商品を分けることも含まれます。

例えば株式投資よりも変動性の低い国債や日本株とは逆の値動きをするダイヤモンドや金と言った実物資産に投資をすることですね。いずれにせよ1億円の運用は「安全第一が大切」なので投資先を効率良く分散するのが無難です。

「イチ」にも「ニ」にも損切り

3つ目の1億円を運用する際のポイントは安全第一の姿勢で株式投資と関わることです。

この安全第一とはないかというと、損切りラインを必ず決め、「必ず損切りを行うという損切り第一のスタンス」のことを指します。

ま~あ言ってしまえば、「イチ」にも「ニ」にも損切りです。どうしても株式投資は一定の変動性があるので、分散投資をしようとも必ず損失リスクが伴います。

しかもどの企業株にも潜在的には暴落リスクがある以上、このリスクを見逃して1億円を運用するのはかなり危険。

そのためにも株式投資で1億円の資金を運用する際はどんなに安全な銘柄を選んだとしても銘柄の購入直後に指値指定をしたいところ。

ちなみに1億円を株式投資で運用する際のおすすめの損切りラインは、購入価格からの5%ダウン時

これを行えば、原則として1億円の運用で発生する損失額は500万円を超えることはありません。

投資のプロとは?

投資のプロとは?

この投資顧問というのは読んで字のごとく、投資の顧問、即ち投資の世界における先生のようや役割をしている方々です。もちろん「投資の先生」と言われても、何をしているのかわからないですよね。

そこで簡単に「投資の先生」である投資顧問が担当している業務をご紹介しますと、こういったものがあります

  • 急騰銘柄の紹介
  • 最新の相場レポートの配信
  • 売買タイミングの助言
  • 投資に関する全般的なお悩み相談
  • 目を付けた株式の適正株価の分析

これらのサポートを提供する投資顧問に株式投資の補助を頼めば、1億円の資産を築く確率は大幅に高まりますし、既に1億円があるのでしたら1億円を減らさずに安全に運用できる確率が大きく上がります。

所要コストはせいぜい50万円

「1億円を作る株式投資」にも「1億円を運用する株式投資」にとっても都合が良い投資顧問の利用に求められる料金は年単位でもせいぜい50万円。

額面だけ見ると50万円はなかなかの金額ですが、1億円を築く確率が2倍~3倍に上がりますし、今ある1億円を減らすリスクは3分の1~4分の1にまで下がりますので、十分に利用の検討に値します。

なお、ここで取り上げきれなかった投資顧問の魅力や提供サービスについてはこちらのページでまとめているので、よろしければどうぞ。

この顧問の詳細情報はこちら

ここまでのまとめ

ここまでのまとめ

このページの重要な内容は既にご紹介し終えましたが、様々な情報をご紹介したので何が重要なのかいまいち掴み切れていないかもしれません。

そこでこのページの最後にここまで取り上げた内容の中で特に重要な項目を一覧にしてみました。

  • 20年あれば1億円は作れる
  • まず投資額を1000万円にする
  • 1億円稼ぐには急騰銘柄が必須
  • 銘柄探しのコツは投資顧問の利用
  • 1億円の運用は安全第一にすべき

ここでまとめたポイントの中で特に重要なのが、1億円を目指す株式投資であろうと1億円を運用する株式投資であろうと、投資顧問の利用が役に立つことです。

この1億円を株式投資で運用する際にも、株式投資で1億円を新たに築く際にも非常に役に立つ投資顧問の詳しい情報やおすすめの顧問名については、こちらのページでまとめておりますのでよろしければどうぞ。

詳細ページはこちら



おすすめランキング ツバメ投資 おすすめの助言会社 ランキング3位

関連記事



投資顧問ランキング