都内の人気投資顧問会社の魅力と評判

投資顧問会社おすすめナビ~人気業者比較ランキング~

株式市場センターの評判とサービス概要から良し悪しを徹底評価

  • 自力で株式投資に勝つのは少しハードルが高い
  • 株のプロから役立つ情報をもらいたい

こんな時におすすめなのが、株式市場センターの利用です。

株式市場センターというのは、東京都内に所在地を置く投資顧問会社です。この株式市場センターは関東の財務局から認可を受けた公認の投資顧問でありながら、顧問料は通常の投資顧問の10分の1

しかも株式市場センターはただ安いだけではなく、株式投資に役立つ情報を10年以上配信していることから利用者の評判も非常に良い会社です。

まーあ言ってしまえば株式市場センターというのはしっかりとしたサービスを格安価格で提供している超優良な投資顧問です。そんな安さと評判の良さを併せ持つ株式市場センターの提供サービスの特徴や利用者の評判についてこのページでは特集してみました。

株式市場センターとは何か?

今回取り上げる株式市場センターがどんな会社なのかをご理解頂くために株式市場センターの全容を一覧にしてみました。

運営会社名 ライジングブル投資顧問
創業年度 20003年
所在地 東京都中央区
代表者 藤村哲也
料金プラン 3ヶ月:9,000円
6ヶ月:17,000円
12ヶ月:34,000円
推奨投資金 30万円以上
金商の有無 あり
際立つ特徴 とにかく安い
老舗の投資顧問である
提供コンテンツの種類が豊富

ここで一覧にしたような特徴を持つ株式市場センターの際立つのは料金プランの安さです。

実は株式市場センターの有料料金プランの月額料金は約3,000円となっており、この価格帯は国内の全投資顧問の中で最安の水準です。そんな安さという面において非常に注目に値する株式市場センターの提供サービスの詳細と契約期間ごとの顧問料についてはこれから見ていきます。

サービスの特徴と利用時の顧問料金

株式市場センターの有料サービスは7種類の有用なコンテンツを契約者に配信する形となっております。7種類の配信コンテンツにはどんなものがあるのかについてこれからご紹介します。

7種類の配信コンテンツの一覧

日本株成功ナビ
(厳選ポートフォリオ)
おすすめの銘柄名から売却タイミングを紹介
日本株成功ナビ
(30万円~500万円までコースあり
あなたの予算に合致した株式投資戦略を大特集
おすすめの銘柄や資産配分を予算別に大特集
日本株戦略銘柄情報 中長期で値が上がる銘柄の名前を厳選紹介
日本株戦略レポート 今後の日本経済や世界動向をレポート配信。
短期推奨銘柄 短期急騰銘柄の名前を特集。
本日の投資戦略 今日の相場の動向の展望を配信
また昨日の相場の動きの総括を紹介
IPO銘柄情報 購入が可能なIPO銘柄の名前の紹介
また上場が決まってからの売却戦略を特集。

ここで一覧にした株式市場センターの配信サービスの中で最も注目に値するのは日本株成功ナビ。こちらの配信サービスではおすすめの株式銘柄に加えてポートフォリオ戦略が予算別にまとめらております。

一覧化されている予算は30万円、50万円、100万円、500万円と4種類に分かれており、各予算額における最適な運用術や推奨購入銘柄がまとめられています。内容に目を通すだけであなたの予算に合った投資術が分かるので必見の内容です。

利用期間別月額料金

株式市場センターの料金プランは3ヶ月・6ヶ月・1年と3種類があり、月単位での所要費用を考えると6ヶ月プランか1年プランがお得です。このことをご理解頂くために株式市場センターの3ヶ月プラン、6ヶ月プラン、1年プランの料金を一覧にしてみました。

契約期間 利用料金
3ヶ月 9,000円
6ヶ月 17,000円
12ヶ月 34,000円

表にありますように3ヶ月プランの月額換算金額は3千円ですが、他の2つの株式市場センターのプランですと3千円以下になります。そこでもしあなたが少しでも毎月の支払顧問料を下げたいのでしたら株式市場センターを利用する際は6ヶ月プランか1年プランを利用するのが一番。

他の投資顧問にはない3つの持ち味

次に株式市場センターにはあり、他の投資顧問にはない株式市場センター独自の持ち味をご紹介しようと思います。そのためにも他の投資顧問と比較して際立つ株式市場センターの3つの魅力を一覧にしてみました。

  1. 価格が安い
  2. 格安なのに金商を保有
  3. 投資額別のコースがある

ここで取り上げた3つの株式市場センターの持ち味の詳細については1つずつご紹介します。

価格が安い

まず最初に紹介する株式市場センターの持ち味は顧問料の安さ

株式投資センターのサービスの格安さに関しては何度も触れましたが、どの程度安いのかについては触れてこなかったはずです。そのためにも株式市場センターの月額の顧問料を一般的な投資顧問の月額料金と比較した結果をご紹介します。

株式市場 普通の投資顧問
月額3千円
(3ヶ月プラン)
月額6万円程度

この表で見ると株式市場センターの3千円という月額料金は相場の6万円よりも格段に安いことが分かると思います。この相場料金の約20分の1というのは他の投資顧問にはない株式市場センターの持ち味と言えます。

格安なのに金商を保有

価格の安さが魅力の株式市場センターの2つ目の持ち味は、きちんと投資助言代理業社登録をしている点です。

実は格安を謳う投資顧問の多くはこの許認可を得ていない傾向があります。許認可を受けていないので、他の会社よりはサービスの価格を下げている。

これが一般的な格安の株式投資顧問の格安の理由です。ですが、株式市場センターの場合は関東財務局から投資助言代理業の許認可を受けているので、格安サービスを提供する真っ当な投資顧問になります。

この格安業者にありがちな、「金商未登録」という点が見受けられないのは株式市場センターの大きな持ち味です。

投資額別のコースがある

3つ目の株式市場センターの持ち味は投資金額ごとに個別コースを用意していることです。

この点は先ほどご紹介した有料プランの内容のおさらいになりますが、株式市場センターは30万円、50万円、100万円、500万円という4種類の投資額に応じた投資戦略を紹介しております。

このおかげで予算ごとに助言の内容を変えない通常の投資顧問よりも一人一人の利用者の実になる助言を提供しております。この投資資金ごとにコースを分け、各コースで個別の助言をしているのは株式市場センターの大きな魅力です。

口コミ評価から見る株式市場センターの評判

ここまで株式市場センターのサービス内容についてご紹介しましたが、サービスを列挙されるだけでは株式市場センターの実態は分かりませんよね。そこで株式市場センターのサービスの実態を知って頂くためにもネット上で頻繁に見受けられた株式市場センターの評判や評価をまとめてみました

  • とにかく安い
  • 長期で見ると結構稼げる
  • 金額の割に情報が多い
  • 銘柄の的中率はイマイチ
  • すぐ損切をかけられる
  • 安すぎて怪しい

ここで一覧にしたように株式市場センターのネット上の評価の中にはプラスのものもあれば、マイナスのものもあります。そこでそれぞれの詳細についてこれから見ていきます。

プラスの評判

まずプラスの評判の中で目立ったのは「低価格に関する驚き」と「安い割に使える」という費用対効果>/span>の2点です。

前者の安さに関しては繰り返しになってしまいますが、他社の20分の1の水準である3千円となっております。これは当然評価が高いです。

そして後者の費用対効果に関しては、月額3千円の割に情報量が多く、その情報通りに投資をすれば、そこそこ稼げるという点が好評でした。ま~あ言ってしまえば、ただ安いだけの投資顧問ではないというのが良い意味でギャップだったようです。

マイナスの評判

その一方で株式市場センターのマイナスの評価に目を向けると、銘柄の的中率と損切りの素早さに関する不満の声がありました。

この点に関しては管理人も気になり、株式市場センターに問い合わせたところ、株式市場センターの方針がダメな銘柄はすぐに損切りを出す。そして良い銘柄は長く保有するという方針のようなので、単純に見切りが素早いだけのようでした。

銘柄の的中率に関しても5割程度のようなので、半分は外れるみたいですが、すぐに損切りをするので、損失はほとんど出ない。逆に高騰する銘柄は長く保有するので損失分はすぐに穴埋めできるので問題がないとのことでした。

一見すると「すぐ損切をする」、「銘柄の的中率がイマイチ」というのはマイナスですが、株式投資市場センターの戦略なので、そこまで気にしなくてよいと管理人は思います。

管理人のコメントと独自評価

ここまで株式市場センターがどんな投資顧問なのかについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

あくまで管理人の意見になってしまいますが、株式市場センターは費用対効果の面では非常に良いと思います。なぜならこれまでの内容の振り返りになってしまいますが、株式市場センターにはこのような特徴があるからです。

  • 料金が格安
  • 情報量が多い
  • 金商登録あり
  • 予算別のアドバイスプランがある
  • 中長期でみるとそれなりに稼げる

これだけのサービス内容を月額3,000円以下で使えるのは費用対効果の面では抜群に高いです。なので、株式市場センターは格安の投資顧問をお探しでしたら利用を検討するに値します。

ただし、株式市場センターは格安の投資顧問であるが故の課題があるのも事実。

例えば個別サポートを用意していない以上、利用者側がサービスに疑問を持っても電話等で個別のサポートを受けることはできません。それに株式市場センターには無料サービス期間もないので、仮にサービスと相性が合わなくても契約満了までお金を支払い続けることになります。

こういったデメリットが気になるのでしたら、多少月額の顧問料を高めてもサポートが丁寧でサービスの無料期間がある投資顧問を利用するのが無難。

この個別サポートと無料サービス期間があり、料金もそれなりに安い投資顧問については当サイトで複数特集しております。その中の1社を特集しているページを最後にご紹介しますので、よろしければどうぞ。

詳細はこちら



おすすめランキング ツバメ投資 おすすめの助言会社 ランキング3位

関連記事



投資顧問ランキング